知っていましたか?犬が入れない施設一覧 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年04月20日 [犬の豆知識]

知っていましたか?犬が入れない施設一覧

犬が入れない施設

こんばんは!犬竹-kentiku-坂本です。

犬飼いの皆さまならわかると思いますが犬が入れない施設というのは

多いものです。

犬アレルギーなどもありますし犬が嫌いな方もいますから当然ではあるのですが。

今日は知っておいて損は無い!犬の立ち入り禁止施設の話。

常識レベル

まずは初級の常識レベル。

これを知らないと怒られます。

・立ち入り禁止の看板があるところ

立ち入り禁止

形は決まっていませんが犬の立ち入り禁止の場合は大概、看板やシールがついています。

みんなが気持ちよく利用するためにも禁止看板が見えたらリターンしましょう。

・飲食店

当然のマナーです。

どんなに頑張っても犬は毛が飛びます。

他の方のお食事に毛が入ってしまったら大変ですよね。

ペット可能な飲食店は表示があると思いますのでスタッフの方の

指示に従ってペット可能の席に通してもらいましょう。

・原則禁止表示があるところ

ご理解いただけてるとは思いますが

原則禁止は「できればやめてほしい」ではなく「例外以外は不可」です。

例外というのは盲導犬等の仕事をしている犬ですね。

たまーに原則だから他人に迷惑かけなければ良いとか思ってる方が

いるようです。

中級

調べればすぐに分かるけどちょっとグレーな感じ。

・駅構内・電車内

結構難しいんですよね。

駅員さんに直接聞くと大体「ご遠慮ください」と言われる気がします。

また私鉄では禁止のところとキャリーに入れていれば可能もあります。

乗せる前に駅員さんに確認してみましょう。

・バス

小型犬ならキャリーに入れていればスルーが多いので大丈夫だと思ってたのですが

どうやら原則禁止らしいです。

盲導犬・聴導犬は可能ですが一般の犬はだめ見たいですね。

運転手さんのご厚意で小型犬は見逃してくれてるのかもしれません。

上級

係員に聞いても困った顔をされるところ。

たぶんルールはないのだが連れていくと白い目で見られることが多い

・文化財施設

フラッシュ禁止とか書いてある禁止事項の中に

ペット禁止表示があるところもあります。

ちゃんと表示あるところはわかりやすいんだけど

施設入ってから「ペット禁止ですよー」って言われても困る。

あまりルールを深く決めてないところが多い印象。

地方の豪族文化財程度だとあんまりルールが決まられてないのかも。

・山

意外ですよね。

山に野生動物あふれてんだからペットくらいいいじゃねーか!

と思いますがペット持ち込み禁止の山もあるんです。

理由としては

・マーキングされると生態系が乱れる

・犬を怖がる野生動物が多い

・においで過敏になる動物がいる

とういうもののようです。

罰則はないですがあまり良い顔をされない事があります。

ですがその反面ペットウェルカム山もあります。

愛犬家限定の登山ツアーとかありましたからね。

観光登山で有名な「高尾山」「富士山」は犬は一応OKしているようです。

犬との登山楽しそうだけどなー。

・川

マジかよ!?と思われる方もいるでしょうが

山と同じように禁止されているエリアもあります。

どこでも大丈夫なわけではないので行く前に確認しましょう。

まぁ毛とか流れると汚いよな・・・

何故か海は禁止されていないようです。

広さの問題か・・・?

愛犬家のみなさんに考えて頂きたいこと

今回こんな記事を書いたのは愛犬家のみなさんにもっと犬が苦手な人の事を

考えて欲しいと思ったからです。

自分の好きなものには熱が入るのでついつい過激になってしまうのはわかります。

私も似たタイプなので。

ですが犬が嫌いな人のことも考慮して犬好きが引かなくてはならない場面も沢山あります。

犬好きが引くことで今すぐには無理でもいつか何十年後にどんな場所に犬が入っても大丈夫な国に

なるかもしれません。

そんな未来を手にするには犬嫌いや反対する人に立ち向かうのではなく

理解してお互いが歩み寄るのが大切なんじゃないかと考えます。

昔ラジオでGACKTが「協調性がある人間とはなんですか?」と聞かれたとき

周りに流されるのでなく自分の意見をはっきり言える人。

でも自分の意見を押し付けるのではなくみんなが納得出来るように

自分を引くことが出来る人の事。

と答えていました。
(かなり前なのでうろ覚えですが)

そんな人たちが沢山いたら犬を取り巻く環境も良くなるんじゃないかな。

と思います。

他人に流されるのは簡単です。

自分の意見を押し付けるのも簡単です。

お互いが理解しあうのは時間がかかるかもしれませんし、めんどくさいかも知れません

立ち入り禁止の場所は避ける。

こんな簡単なことでも「動物愛」に隠れてわがままを通そうとする人をたくさん見てきました。

そんな人が増えないように飼い主さんみんなに「犬が嫌いな人もいる」ということを

忘れないようにしてほしいと思います。

今回は以上。

また次回もお楽しみに!

良いと思ったら是非クリックしてください!



にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る