【ドッグトレーニング】大切なのは初めの一歩 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年05月02日 [トレーニング]

【ドッグトレーニング】大切なのは初めの一歩

犬とのチームワーク

こんばんわ!犬竹-kentiku-坂本です。

トレーニング全般に置いて言えることですが、大切なのは

犬と最初の一歩での呼吸があっているかということです。

おすわりにしてもまて、でもヒールウォークでも

最初の一歩がバラバラだと集中を取り直さなくてはいけなくなります。

今日は犬とのチームワークの話。

出来ていれば良いということではない

おすわりやまて、おいで、ついて等

どの項目にも言える事ですが大事なのはその項目が出来ているという事ではありません。

何を言っているのか意味不明だとは思いますが

まぁ聞いてください。

どのトレーニングも犬との息を合わせなければ集中力は乱れていきますし

人の事をあまり見てくれません。

集中力は大切ですよということはブログ内でも多くお話ししてきたと思いますが

犬の集中力だけでなく「呼吸をあわせる」というのも重要なことです。

おすわりと声をかけているのに座るタイミングが遅かったり

ついてと言ってるのに出だしが遅かったり

これらは全て犬と人との呼吸が合わないために起きていることです。

そこまでは求めない

ここまで読むと「なんて高いレベルを求めるのだろう。うちの子はテストに出る訳じゃないからなんとなくで十分」

と思われる方も居ると思いますが、競技会に興味が無くともできれば高いレベルを目指してほしいと思います。

何故ならば理由が2つあります。


理由1 事故の防止


不意の事故はいつ起こるかわからないものです。

世の中100パーセントというものはありえません。

どんなにトレーニングが上手でも指示がうまくはいらないことはある事です。

犬は環境の変化に非常に弱いものです。

いつもは出来ても少し環境が変化すれば出来なくなることもあります。

また事故が起こるときというのは飼い主も焦っているものです。

その焦りぶりにビビって動けなくなることだってあり得るのです。

普段は完璧な犬でもこういう事故は少なくはないです。

なのに普段が出来たりできなかったりの子だと事故の確率はグーンと上がりますね。

不幸な事故で大けがを負わないためにもより高いレベルで出来るように

という意識を持つだけでもかなり違いますよ。


理由2 犬は共同作業を望む


犬は基本的に飼い主や人との共同作業を望んでいます。

それは当然ですね。

今はどうであれ、犬という生き物自体「作業する」という目的のために作出された生き物です

なのでどんな子でも飼い主さんと何かを成し遂げたいという気持ちは持っていると思います。

その欲求を満たしていくだけでも、今まで抱えていた問題行動が無くなることだってあります。

狩り等は一般の方は手軽に行うことはできません。

特殊な許可がいります。

なので、狩りをしなさいという訳ではありません。

ですがせめて基本動作でより高いレベルを求めてあなたとワンちゃんで喜びを共有してあげてほしいのです。


以上の理由で私は、家庭犬でも出来る限りは高いレベルを目指して

日々練習してほしいと思います。

大変だとは思いますが気持ちがつながったときの喜びは

犬を飼っているならではの喜びだと思います。

最初の出だしを意識しよう

前置きが長くなりましたが犬と呼吸を合わせるというのがどういうことなのかと言いますと

「最初の出だしを合わせる」ということです。

おすわりと声をかけるときあなたのワンちゃんはどこを向いてますか?

他のものを見てませんか?

しっかりあなたの目を見てくれますか?

目は見ずとも意識はあなたに向いてますでしょうか?

最初の出だしを合わせるように注意するだけでも犬の意識はかなり変わります。

自分に意識が向いているのを確認した後に言葉を発するようにしてみてください。

それを繰り返していくだけでも、あなたとワンちゃんの関係性は変化していくと思います。

おすわりだけで限らず他の基本動作、一発芸すべてのトレーニングに置いて犬との呼吸を合わせる

というのは重要な事です。

なんか動きが鈍いなぁとか、あっちにふらふらそっちにふらふらしてしまうようならば

自分の愛犬がどこに意識がいっているか、しっかり観察してみるのをおすすめします。

新境地が開けるかもしれません!!

また次回もお楽しみに!


川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-

HP http://www.kentiku-animal.com/

良いと思ったら是非クリックしてください!



にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る