自由な発想力でトレーニングを楽しもう!! - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年05月18日 [トレーニング]

自由な発想力でトレーニングを楽しもう!!

頭の体操

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-

HP http://www.kentiku-animal.com/


Facebookアカウントはこちら


読む前にクリックおねがいします!


頭の体操をしてみましょう!

頭の体操

【問】上の図の黒いマスを岩に見立てて押して赤いマスに移動させなさい。
ルール1:あなたのスタートは赤いマスと黒いマス以外ならどこからでもスタートできる
ルール2:斜めなどには押せない。
ルール3:押すことしかできない。引いてはいけない

出来ましたか?

初級問題なので似たような問題を見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。

すぐに解けたあなたは頭が柔らかいかも!?

ヒントは「一度常識にとらわれると抜け出せない」ということです。

少しスクロールしたら回答です。

































では、回答です。

アニメーション・・・だと・・・?

アニメーションなので動きます。↑

「ひっかけかよ!」

と思われる方もいるかもしれませんがこれは「発想力」の問題です。

誰もマス目意外に移動できないとは言っていないのがポイントです。

こちらは静止画

いじわるポイントは「あえてマス目意外でもいいよ」と言わないところです。

ですがルールにヒントはあります。

「どこからでもスタートできる」というルールです。

このルールを見て

「じゃあマス目の外から始めよ!」

と思えるのは自由な発想力があるからです。

また「斜めに押せない」と言うのもマス目外に出れるというヒントです。

何故ならマス内であればどちらにせよ斜めには押せないのに

わざわざ書いてあるのは「斜めに押せる可能性があるから」です。

斜めに移動させるには自分がマス目の外に出るしかないですから。

生き物は年を重ねれば「常識」という言葉に囚われてしまいます。

マス目のあるものを見れば当然「マス目内で解決するもの」だと思うのは当たり前ですね。

でもマス目内では最初の列から移動できないので赤いマスにはいけません。

この画像を見たとき

マス目の外は足場が無い。

と思えばそこで永遠に悩むことになるのです。

犬のトレーニングにも発想力を!

犬のトレーニングも発想力がカギになります。

「これをしてはいけない」

「あのやり方は間違っている」

この考えは非常に!非常に!勿体無い!!!!

うまく行っているならわざわざやり方を変える必要はありませんが

うまく行っていないなら変える必要があります。

別のやり方に変えるとき、常識にとらわれてばかりではこの問題の様に

ぐるぐる同じところを回っているだけになるかも知れませんよ?

次回は意外なトレーニング方法についてお伝えしようと思います。

因みにこの問題は昨日見た夢で私が実際やってた問題です(笑)

ご相談なら全国で受け付けております!

また次回もお楽しみに!
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る