公共の場で使いやすい叱る音 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年01月20日 [トレーニング]

公共の場で使いやすい叱る音

おどろき〜

こんにちは!犬竹-kentiku-坂本です。

今回は公共の場で使いやすい叱る言葉がテーマです。

イベント会場等に愛犬を連れていくと普段大人しい子もそわそわ・・・

周りの楽しそうな雰囲気にのまれてついつい飼い主さんを無視することも。

その時にビシッと叱りたいですがたくさんの人に囲まれていると恥ずかしい。

そんなことでどうする!飼い主しっかりしろ!

と言われても恥ずかしい

人間だもの

み○お

好みから選べる5タイプ
といっても全部強い音から徐々に小さくしていっただけですが(笑)

他にも色々あるんでしょうけどおすすめはこの5つです

舌打ち

定番ですが一部の人には評判が悪いです(笑)
注意の気持ちも込めやすくビギナーさんには一番のおすすめです。
他のものと比べてもトレーニング手順が少なく練習しなくても飼い主さんの殺気を感じとり大人しくなる子も居ます。

吐息

フーっていうやつです。
最初は耳元で思いっきり息を吹きかけて少しづつ小さくしていきます。
デメリットはチワワなどの小型犬だと人の腰を悪くします。
また若い女の子がやると女子力を見せつけてやれますがおっさんがやると見苦しい。

目力

自分が良く使うやつです。
舌打ちより使いやすいです。
目から放つただならぬ気配にて鎮めます。
要練習

足音

足で地面をコツコツ鳴らします。
最初は室内でスリッパなどを使用しスパーンと軽快な音を立ててスタートします。
スリッパなら間違えて犬の足に当たってもケガしませんのでいきなりシューズではなくスリッパ推奨

小さい声

シンプルに声で
説明しなくてもお分かりだとは思いますが最初は強い声です。

自分の気持ちを素直に伝える

犬のトレーニングには飼い主さんの演技力が必要なんです!
さぁ怒ってみてください!

とか言っていたトレーナーがいましたがこれには私は否定的です。

犬は常に正直です。

たまに人をだましてやろうとしますが、それもまた欲望に正直な結果です。

犬は正直に来ているのに人間の私たちが演技していたら見透かされるにきまってます。

あなたは自分の家族にたいして怒るとき「いけないでしょ?」なんていいますか?

家族や心を許した関係には怒れば時には泣くし時には大人げなくなるでしょう。

別に犬に駄々をこねろという訳ではないですが、それが自分の素直な気持ちを伝えるという事だと私は思います。

最初のうちはいいんです。感情的で。

あとからそれを小さくしていけば。

演技をしないで常に犬に正直に。

それが叱ることを通じて私が皆さんに伝えたいことです。



次回は とても便利なNRM です。

お楽しみに。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る