善意?犬が抱えるご近所トラブル - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年06月22日 [ワンちゃんを迎える前に]

善意?犬が抱えるご近所トラブル

犬のしつけならば犬竹へ!

こんばんわ!犬竹-kentiku-坂本です。

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

Facebookアカウントはこちら

読む前にクリックおねがいします!


今日はこんな話を見つけてきました。

http://oniyomediary.com/archives/61480937.html

善意で行っているみたいですけど飼い主さんは迷惑してますね。

犬には好きなもん食わせなきゃダメ

って発言で愛情が行き過ぎてるように見えますが

実際にこれで悩んでいるおうちは多いのです。

ご近所さんがうちの子を可愛がってくれるのはありがたいのだけど

犬用のおやつに限らずおせんべいやらオモチやら

そんなん食わせて死んだろどうすんだ!

ってものも平然と食べさせようとします。

「あのーすみません喉に詰まると危ないんで・・・」

と注意しても「大丈夫よ!前飼ってた子はよく食べてたから!」

確かにそう簡単には大事には至らないかもしれないけど。

もし、なんかあったら「ごめんね」じゃ済まねーぞ

こういうトラブルはご近所だけでなく家族内でも起きます。

同居している義理のお母さんが犬に団子をあげるのを楽しみにしてるから

「危ないから与えないでください」とは言えないんです・・・。

実の親なら厳し目に言えても義母だと関係性では遠慮しますよねー。

でもいつ喉を詰まらせるか心配。

もうすでに犬のトレーニングじゃないですけど。

家族みんなで面倒をみよう

解決法の一つをお伝えするならば、「家族みんなで面倒を見よう」

という回答になります。

お年寄りだけでなく小さなお子さんも同じです。

「危険だから」

「どうせ出来ないだろう」

この思いが相手にとっては疎外されてるような気持になり

隠れて自分の食べ物を与えたり、頑なにリードを離したがらなかったり

という困った行動の原因になってしまいます。

家族全員でしつけをしましょうというのは家族内で共通の意識を持たせるだけではなく

こういうトラブルの解決にも一役かっています。

ご近所さんにも同じように「与えないでください」と突っぱねるだけでなく

ボールで遊んであげてくれますか?とかおすわりさせてからおやつこのおやつあげてくれますか?

というようにどう接したらいいのか指定して触れてもらってもいいかもしれませんね。

犬も人も可能性をあきらめるのではなく「やらせてみる」という気持ちが解決に導いてくれることもあります。

是非!家族のみんなでご近所さんもみんなでトレーニングしましょう!

また次回もお楽しみに!
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る