友達の作り方はそれぞれだから。 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年01月23日 [トレーニング]

友達の作り方はそれぞれだから。

関係の作り方

こんにちは!犬竹-kentiku-坂本です。

前回は外部報酬・内部報酬をご説明しました。

今回は犬のトレーニングに応用する場合この外部報酬・内部報酬をどう生かしていくのか

という内容です。

理想なのは内部報酬

トレーニングやしつけをする際に必ず報酬が必要になります。

そしてこの報酬は2種類ありそれが内部報酬と外部報酬ですよ

ということですが報酬の強さとしては

即効性・・・外部報酬

持続性・・・内部報酬

と言われています。

まぁ考えてみれば当然でお金を貰えている間は、その人のことをある程度好きですがお金の関係性だとお金がなくなってしまうと金の切れ目が縁の切れ目というようにそこで終わりです。

しかも金はまだあっても心が離れてしまうともう終わりです。

内部報酬は情でつながっているので簡単なことでは切れないですしこちらから与えるものは愛情や、やりがい等与えても減るものではないのでコスパ最強です。

なので理想は内部報酬なのですが、これが難しいのは説明するまでもありませんよね。

まずは、金で釣る
ひどいサブタイトルだ・・・

ですがいきなり内部報酬にもっていくのは性格にもよりますがほぼ不可能です。

褒めるのが好きな子でも褒めているだけではいずれか飽きます。

飽きてこないようにたまにおやつをあげて機嫌をとろうとしていますがこの作業は折角ある内部報酬を外部報酬に変換する作業です。

外部報酬からの内部報酬なら両方効果が出やすくなりますが

内部報酬からの外部報酬は内部報酬の価値をなくしていきます。

詳しくはこちら(外部サイトに移動します)

内部報酬と外部報酬で検索するとPDFデータの論文も出てくるのでお好きな方はどうぞ。

要するに最初はおやつで釣ってあとから褒めるという行動に切り替えるのがベストだということです。

しかしこれはおやつ大好きという前提があればの話。

おやつ大好きっ子には多くのトレーナーはこの方法を使おうとしていますが、臆病な子にも同じ方法で接しようとする人が多い事・・・

しかもそれが正解かの様に説明する学校も多い・・・

何もしないというご褒美

初めて会った人にいきなり「私はとてもいい人だよ。あなたをだましたりしないよ。安心してください」

なんて言われてこの人いい人!なんて信用するのは余程のアh・・・心のきれいな人です。

ふつうは怪しみます。

でも大概の人はこれを犬に対してなんの疑いもなくしています。

「大丈夫よ?ほら、怖くない怖くない」といいながら手に何かをもってぐいぐい近寄ってくる。

怖すぎる。

臆病な子にはこれはあまりにも怖すぎます。

もう虐待に近いです。

何日もやっていればいずれ人に馴化していきますがその何日間はガクブルです。

ではどうすればよいのでしょう?

ここでタイトル回収ですが、何もしないというご褒美が効果を発揮します。

何もしなければ害が何のですから自ら近づきやすくなります。

学校のクラスでもありますよね。

わいわい、がやがや好きなグループ

隅っこで大人しく絵をかいたり話すのが好きなグループ

どちらかのグループに入りたいのならテンションを合わせると受け入れてもらいやすいですよね。

大人しいグループにいきなり「いえーい!今日カラオケいかなーい!かわいい女の子も他校からよんだからさぁ!行こうぜ!」

と誘って楽しくついていくグループなどは存在しません。

そいうグループは、傍に消しゴムやら落として拾いに行く際に何に興味があるのかリサーチして、次はその関連のグッズを持ち込んで軽くチラ見せして相手が少し反応しだしたら声をかけていくのが良いです。

そう!これが何もしないというご褒美です。

何もしないで、傍にいて相手が気になり始めたらおやつチラ見せ、最初はいきなり来ないからそのおやつをおいしそうに食べるふりをして興味を持ったら目を合わせないように与えてみる。

この場合おやつに興味がない子なら最初から最後まで何もしないというのも良いですね。

リア充から見ると気色悪いかもしれませんが、こうしないと仲良くなれないのがいるのをお忘れなく。

次回はおやつのメリット・デメリット

お楽しみに!
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る