仕事に必要なのは技術力か?接客力か? - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年08月14日 [自分の思い]

仕事に必要なのは技術力か?接客力か?

プロの必要な技術とは?

こんにちは!犬竹-kentiku-坂本です。

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

Facebookアカウントはこちら

読む前にクリックおねがいします!


みなさんはRTAという競技をご存知ですか?

リアルタイムアタックの略でTVゲームを現実時間でより早くクリアする。

というのを競う競技です。

競技人口はかなり多く世界中でRTAは行われています。

良くyoutube等の動画投稿サイトでもあげられているので興味があれば検索してみてください。

このRTAを投稿サイトにあげて再生数が多ければ嬉しいものですよね。

世界最速記録もあげられていたりするのですが、なぜか「最速」のプレイよりネタに走った動画の方が再生数は

圧倒的に高い傾向があります。

ネタ動画だとタイムは遅くても面白ければ10万再生はザラです。
(ネタでも1000行かないもの覆いですが)

逆に世界最速でもただプレイ動画を流しただけでは5000行けば良い方です。

今回のテーマは優れた技術力とエンターテインメント性つまりは接客力。

どちらが仕事で重要なのか?です。

今回はプロ向けの内容です。

職人気質は面倒。

職人さんはイメージでは「頑固」というイメージがありますね。

実際、頑固者は多いです。

職人気質というのは一般的に「融通が効かなくてこだわりが強い」という方が多いようです。

自分が納得しないと、仕事をしないのもそうですね。

簡単な判別方法としては、ごはんより作業を優先する人がこれに当てはまるといわれています。

ごはんより、作業を優先して夢中になると3日くらいは水さえ飲んでれば余裕で生きてます。

そういう訳で性格は非常にめんどくさいです。

喋るがうまくない人が多いので近寄りがたいですが

性根は優しい人が多く、人情に厚い涙もろいのも特徴です。

モテるやつのテンプレ

逆に接客力の強い人は、人当たりが良く聞き上手で反応も少しオーバー。

相手の喜びそうな事が直観でわかるのでモテます。

お前はエスパーか!!!

知り合いとして付き合うのであればこれほど良い人はいません。

こちらの要求に柔軟に対応してくれますし融通が効くので話がめんどくさくないです。

ですが内面が狡猾的で、表面とは真逆のことを考えてる人も少なくはないです。

詐欺師はこのタイプの人が向いてるようです。

いや、全員がそういう訳ではないですけどね。もちろん

あなたはどっち!?

多かれ少なかれどちらかのタイプに人は当てはまります。

自分は中途半端だと思っていても寄っている傾向はあると思うのです。

お金を稼げるのは言わずとも接客力が高い人です。

一つ例をだせば、アップルコンピュータが良い例です。

有名なジョブスは機械が好きなだけでエンジニアとしては三流だったようです。
ウォズという天才エンジニアがいてジョブスは家庭用コンピューターを世に送り出せたのです。

これは有名な話ですが、ジョブスは口が達者で経営者としてはすこぶる優秀ですが相当性格に難があるようで

社内では、かなりの嫌われ者でした。

実際に一度アップルから追放されてます。

社内では口達者なだけでシステムが組めないジョブスより、寡黙で人の良いウォズの方が信頼があったのです。

ですが世間でみればジョブスの方が人気がありますよね。

というかウォズって誰?の人の方が多いとおもいます。

そんな身内から嫌われまくるジョブスですが、ウォズは「生涯唯一の最高の友達」だといってます。

接客力の高いジョブス
技術力の高いウォズ

この二人が仲良しだからアップルは大企業になりました。

ジョブスだけでは、対した商品は作れなかったでしょうし

ウォズだけでは機械オタクどまりだったでしょう。

両方を兼ねる人はいません。

仕事で成功したければ自分に足りない部分を補えるパートナーが必要です。

ドッグトレーナーも例にもれず同じです。

トレーニングがうまくても飼い主さんは満足してくれません。

口がうまいだけでも犬は改善しません。

どれが重要という事は無いのです。

大切なのは自分の長所・短所を見つけてそれを素直に受け止めることが重要なんだと思います。

仕事って難しいですよね・・・。

他の関連記事

プーさんから学ぶドッグトレーニング応用術

【ドッグトレーニング】おすわりを教えてみよう。

今回はここまで

また次回をお楽しみに。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る