自分の老化について考えてみる - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年09月04日 [自分の思い]

自分の老化について考えてみる

画像はイメージです

こんにちは!犬竹-kentiku-坂本です。

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

Facebookアカウントはこちら

読む前にクリックおねがいします!


老化していく自分への愚痴

※愚痴を聞きたくない方はスクロールして飛ばしてください。
 次の見出しはちゃんと犬の話ですから。


私が高校生の頃まだ世の中はケータイの着うたで騒がれていた時代です。

今から考えればたったの1フレーズで何を騒ぐことがあるのかということですが着メロも30和音でそこそこ良いやつ

扱いなのでまさに奇跡でしたね。

その後着うたフルが出てケータイがあればウォークマンやインスタントカメラは必要がなくなり今やスマホ1台あれば大体のことはできます。

プレステがでて3Dポリゴンで「すげー!リアル!」とか騒げた自分を懐かしく思えます。

今では3Dポリゴンは目がいたくてプレイ出来ないです(笑)

犬が怖くてダックスフントも触れない自分が今は他人様の犬や飼い主様に犬の飼育の仕方をお伝えしているとは

あの頃の自分には想像も出来なかった事でしょう。

学生だったのはほんの10年前くらいのことなのにこうも世の中や自分の心境は変化し進化していくのです。

まだぎりぎり20代で世の中から見れば子供ですが(家を購入しようとしたら門前払いされる等)思い返してみると

年をとったなぁーと思う訳です。

なので、ツイッターとかFacebookとかぶっちゃけ言えば投稿するのもだるいです(笑)

機能がごちゃごちゃし過ぎて何がなんだか分かりづらいだよなー

あと少しした事でもシェアやらされて行動筒抜けだし。

インスタグラムとか何が楽しいのか理解できません。

今や営業はSNSでやる時代!出来ない!わからないで終わらせるのは勿体無いですよ!

といろんな業者が言うのですが、効果うんぬんじゃなくて楽しく続けられるコツをまずは教えてくれ!

お前ら大体教えんの下手過ぎて自分で調べた方が早いわ。

新しいものが分からないというより楽しさが分からない・・・・

楽しみ方が理解出来なくなったというのが正しいのかな。

5歳くらいしか年が違わないのに20代前半の子を見るとイライラするし(笑)

シェアされてくる記事にはほとんど文句しか出ない。

年取ると丸くなるなんて誰が言ったんだ。

年々神経質になってる気がする。

あと体の面で言えば「脂っこいもの」がもう無理。

年上の人と食事に行くと「若いんだからもっと肉食うか!?食えるだろ?」

といわれるが、もう30代手前だから油ものきついんだよ!

食べるなら魚とかがいいんだよ!和牛のステーキとか1切れでもう限界なんだよ!

自分の老化が恨めしいのと世の中の感覚と自分の感覚のギャップが恨めしい・・・・・・。

犬の老化はあっという間

若返りたいとは思わないけど体の老化を感じると辛い。

でも犬達は私たちの何倍も早く年を取ります。

あっという間に今の私のような感じになるんです。

主な老化現象

・体の疲れが取れない

・油ものがダメになる

・文句が多くなる

・とにかく世の中の意見に納得がいかない


・頑固になる

・何にもできないくせになんでもできると思いこむ

・新しいものが覚えられない


これはひどい・・・

犬も老化すると上記のように気難しくなる子は実際多いです。

老犬になると扱いやすくなるよー

は嘘です。

偶然その子が大人しくなっただけで多くの子は頑固になります。

だるくて吠えないだけです

めんどくて動かないだけです

でも本質は何も変わってないのですからそれが幸せとはいい難いでしょう。

トレーニングしても覚えがかなり悪いです。

わからないというより納得したくない

という雰囲気です。

物覚えが悪くなるというかもう自分の常識を変えたくない。

という頑固さが物覚えを悪くしているのでしょう。

体感的に6歳過ぎると結構頑固になります。

テコでも動かんぞ!

というオーラがヒシヒシと伝わる・・・・

なので若いうちにしつけをしていくのが重要なのだという事はどのトレーナーさんも説明されていることだと思います。

若いうちに経験させたいこと

ですが、何から始めれば良いのかわからない方は多いと思います。

私は、何よりも経験させなくてはいけないことは、「怒られること・褒められること」

だと思っています。

それを教えていく段階におすわりやふせやらがあればいいのです。

アイコンタクトを教えていく必要はありません。

怒られること・褒められることが分かれば自然と出来てきます。

今は怒られてるんだ・・・悪い事したんだ・・・・

これは褒めてもらえる感じだ!


こういう判断が付けばしつけの8割は終わりです。

これが出来てないと大体しつけは失敗していく事が多いです。

私も小さいころから褒められる経験が多ければ卑屈な性格にはならなかったかもしれません・・・・

社会化というものを聞いたことがあるかもしれんが社会化だけでは大きな問題が起きます。

次回はその社会化の落とし穴

「犬に大人の犬・人に大人の犬」です。

あっ成犬には成犬のトレーニングの仕方があります。

成犬トレーニングは重点がその子の性格で大きく変わるのでご相談ください。

では次回をお楽しみに!

あなたの一つ一つの行動が犬に影響を与えて信頼や不信感を作るのです。

犬との良い関係を作りたければしつけの方法に固執してはいけません。

自分の行動を見直すのをおすすめします。

犬竹ーkentiku-ではそのお手伝いをさせていただきます。

使い古された英国式、欧米式とは違うトレーニングを是非ご体験下さい。

お問い合わせ・申し込み
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る