犬に大人なのか人に大人なのか。 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年09月06日 [犬の豆知識]

犬に大人なのか人に大人なのか。

07_02

こんばんわ!犬竹-kentiku-坂本です。

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

Facebookアカウントはこちら

読む前にクリックおねがいします!


人が好き

犬が好き

犬達も性格により好きなものが違います。

犬だから人懐っこいというのはもう古い常識です。

最近の犬達は警戒心の強い犬も多くいます。

ですが一生飼い主さんになれないという犬はいないので迎えたばかりで

全然寄ってくれないと悩んでいるならば気にしなくて大丈夫です。

犬を飼うというのは新しいおもちゃを買うのとは違います。

あなたが楽しむためだけにに飼ったのではないと私は信じてますので気長に待ちましょう。

今日は「慣れ」とはまた違う「社会化」の内容です。

犬に対して大人

犬に小さいころから会わしていけば犬に対して慣れていきます。

そうすると犬をみても吠えない。

上手に挨拶が出来る。

など飼い主さんにも良い利点が沢山あります。

やがて大きくなると犬は「警戒心」があがります。

知らない犬には近寄らないようになるのです。

これは、問題行動では無く「成長の証」なので心配は無用です。

考え方が大人に近づいた証拠ですね。

そうして犬は自分のコミュニティーを築いていくわけです。

知らない犬には不用意に近寄らず、挨拶の素振りが見えれば挨拶をする。

挨拶が終わればそのまま立ち去る。

気が合えば遊ぶかもしれません。

「社会化」という言葉はかなり広い意味を昨今は持ちますがこれが犬に対しての「社会化」

ということです。

でも誰とも構わず遊ぼうとする犬というのは「社会化」してるとは言いません。

これはかなりの方が勘違いしています。

自分の気に入った異性がいたらなりふり構わず相手の気持ちも考えず遊びに誘う。

そんな人間を「社会人」といえるのでしょうか?



言えませんよね?

犬も同じです。

道で出会う犬すべてに挨拶に行こうとする犬が立派な「大人の犬」といえるのでしょうか?

言えませんね。

気にしないのが「社会化」なのです。

無駄な興奮はさせないように犬に慣らしていくので犬への興奮が中々治まらない

ようならばそれは笑って見ていて良い状態ではありません。

仔犬ならばそういう犬を目指して成犬ならば飼い主が興奮を止められるように目指します。

人に対して大人の犬

これが出来てる犬をあまり見ません。

というかこれが出来ていれば、困ったところもないのでトレーナーはあまり関わらないからかもしれません。

人に対して大人というのは上記した犬の人バージョンです。

やたら人に行くわけでも無いし、人が嫌いなわけでもない。

なので語ることは少ないのですが、やはり人依存の犬は多いように見えます。

重度でなくとも多少の分離不安はどの犬にもあるようにみえます。

やはり落ち着いて留守番してもらうためには分離不安は失くしていくのがベストです。

良く動物バラエティで飼い主が帰ってきたときに大喜びする犬が「忠犬」

迎えに来ない犬は「薄情」と見られるような表現がありますがあれは真逆です。

迎えに来ない犬は飼い主を信頼しているからです。

問題行動が多い犬程飼い主の帰宅に興奮します。
(その傾向が強いというだけで勿論違う子もいますよ。逆もしかりですが)

飼い主を信頼している犬は普段は飼い主に冷たいものです。

あまりベタベタされるというのは不安があるからです。

人間も不安なとき誰かの近くに居たいですよね?

それと心理は変わりません。

結局「社会化」とは

こうしてみると「社会化」とは好きにさせることでは無く

反応を薄くしていく事であるといえます。

この反応範囲を専門用語で「閾値」と表現しますがこの範囲を狭めていく事で

人間社会に順応する術を人に教えていくのです。

無駄な興奮をさせずに常に落ち着いている事が出来るように「社会化」は必須です。

ですが変に興奮させるような「社会化」をさせてしまうと思わぬ事故に繋がります。

どういう風に社会化させていくのか飼い主さんは良く考えてあげてくださいね。

ではまた次回をお楽しみに!

あなたの一つ一つの行動が犬に影響を与えて信頼や不信感を作るのです。

犬との良い関係を作りたければしつけの方法に固執してはいけません。

自分の行動を見直すのをおすすめします。

犬竹ーkentiku-ではそのお手伝いをさせていただきます。

使い古された英国式、欧米式とは違うトレーニングを是非ご体験下さい。

お問い合わせ・申し込み
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る