いじめをするのは人間だけだという幻想。 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年09月11日 [犬の豆知識]

いじめをするのは人間だけだという幻想。

動物はいじめが好き

こんにちは!犬竹-kentiku-坂本です。

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

Facebookアカウントはこちら

読む前にクリックおねがいします!


いじめ問題は今も昔も続く深刻な社会問題ですね。

多くの子供たちがいじめで悩んでいるようです。


あるTV番組で教育専門家が「いじめは人間だけがする。他の動物はいじめない」

といっていました。

果たして本当に他の動物はいじめをしないのでしょうか?

では次の動画を見てみましょう。



動画タイトルにもあるようにこれはオオカミの群れによる「いじめ」です。

社会順位を教えてるというより群れの秩序を保つために行われる

「ストレス発散」に近いようないじめです。

人間が行ういじめもこの心理状態に近いといわれています。

これはオオカミですが私たちに身近な犬も同じ様にいじめを行います。

よく見るのはドッグランなどでです。

動画の様に激しいいじめではありませんが常連の犬達が初見の犬を囲って煽る様子は

まさにいじめそのものです。

そこでその犬が降伏して、群れの摂理にしたがうのか、反抗するのかによってそのあとの常連の行動も大きく変わります。

群れに従うようならばとりあえず様子見といわんばかりに放置して監視係の犬が遠目に監視をし慣れてくると群れの中に入れます。

ですが逆らえば喧嘩が発生することも多々あり、ドッグランでの事故はほぼほぼこれが原因です。

ですが飼い主がちゃんと制御出来ていればこんなことにはならない訳です。

犬は放置して人同士でおしゃべりばかりしている人をよく見ますが出来ればちゃんと遊んでいる犬達を見てあげてほしいと思います。

もしくはドッグラン側が犬を見れる監視員を雇うなど対策をすれば事故は確実に減るはずです。

実際、昔私が働いていたドッグランは私が見て居たり、飼い主さんにちゃんと見ているようにお伝えしてたので事故はありませんでした。

「犬の心は清いからいじめはしない」

と訳のわからない理論で押し切る人をたまに見ますが、犬の心は清いのではなく「純粋」なだけです。

何度かブログで書いていますが犬にも悪意はあり、しかしその悪意が「利害」から発生しているものではなく

「純粋」ゆえに悪意がでてくるという感じなのだと私はおもっています。

勿論、犬やオオカミだけでなく社会性を持つ動物はいじめを行います
(イルカやチンパンジーもいじめの例が世界各国で報告・確認されています。)

いじめも虐待もする方が悪いので自分の愛犬がいじめてる様子があればしっかり叱りましょう。

この仕事をしていると多くの飼い主さんが犬がいたずらしても叱らない方針の方が多いことに驚きます。

理由を聞くと「犬だからしょうがないじゃない?」

こちらが伝えなければ犬は何が悪いのかはわかりません。

犬は「聖者」ではありません。

悪にもなりますし善にもなるのです。

それは人間の子供も同じですね。

あなたの息子が幼稚園生なのにたばこを真似で吸うような事があれば当然止めるでしょう。

でも煙草を吸ったのは「お父さんが吸っているのを見たから」

等の可愛い理由でしょう。

しかし、周りの大人が叱らなければそれが正しいことだと思いますよね。

犬の精神年齢はどんなに年をとっても人間で言う3歳程度です。

人や周りの経験した犬が教えなければそれが「善」だと思うのです。

だから叱り、時には厳しい態度が必要になるのです。

しつけというのは冷静な気持ちが最重要です。

落ち着いて自分の子の可と不可を見極められる飼い主さんになっていただくことが私の願いでもあります。



それと書いてて思い出しましたがもう一つ。

犬が虐待されている記事を読むと必ず「虐待してるやつもおなじようにされればいいのに」というコメントをよく見ますが

それは「人を咬んだ犬はその場で同じ様に傷つけられても構わない」という考え方と同じです。

でもそういう人に限り犬への報復には反対的なのです。

犬を愛する気持ちは嬉しいのですが犬を愛するならば犬の悪意も認めて人もいたわるべきです。

同種も愛せない生き物が別種を保護・愛護しようなど出来ようはずがないと私は思います。

これも冷静さをもって考えてほしいのです。

逆に「人に咬みつく犬には体罰もやむ得ず!」と信念をお持ちならばそれはそれで称賛することでしょう。

その時の一時的な気持ちで動くのは大きな愛情故でしょうが一貫した態度で虐待してる人にも愛の手を差し伸べられる

人が増えたらもっと人と犬の共生は進むのではないかと思います。

人間も犬も更生できるはずです。

原因は人間側だけでない。

という事も可能性に入れてほしいのです。

中国で犬をリンチした人を数十人で囲って半殺しにしている動画を見ましたが(URLが分からないので紹介出来ませんでした)

醜いの一言です。

あぁいう人間になりたくないものです。

愛犬の善も惡も受け止めて良好な関係を築きましょう!

また次回もお楽しみに。



あなたの一つ一つの行動が犬に影響を与えて信頼や不信感を作るのです。

犬との良い関係を作りたければしつけの方法に固執してはいけません。

自分の行動を見直すのをおすすめします。

犬竹ーkentiku-ではそのお手伝いをさせていただきます。

使い古された英国式、欧米式とは違うトレーニングを是非ご体験下さい。

お問い合わせ・申し込み
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る