吠えさせないトレーニング「声色を変えてみよう」 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年09月17日 [トレーニング]

吠えさせないトレーニング「声色を変えてみよう」

吠える犬 改善

こんにちは!犬竹-kentiku-坂本です。

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

Facebookアカウントはこちら

読む前にクリックおねがいします!


少し更新まで間が空いてしましました。

今回は前回書いたように家庭で馴化をさせていくのには無理がある。

というお話の続きです。

慣れさせていくのは年齢が上がれば上がるほど厳しくなります。

成犬が刺激に慣れて吠えなくするためにはかなりの時間を要します。

では、成犬で吠えるならそれはあきらめなければならないのでしょうか?

今回は、成犬でも出来る吠えさせないトレーニング方法です。

音程を変えよう

チャイムの音に吠える

人に吠える

犬に吠える

このような問題行動は「馴化」させていく事で改善が出来ます。

しかし、幼犬は比較的簡単になれますが成犬は慣れが難しくなります。

これは、人も同じですね。

苦手なものは年を取ればとる程克服しにくくなります。

なので成犬は一度吠え癖が付くとほとんどの飼い主さんは諦めてしまいます。

飼い主さんが改善を試みようとして試し方法としては

1.叱る

2苦手なものを見せない

3おやつで気を引く

が多いかと思います。

特に1の叱るは誰もが試す・・・とうか普通に出てしまうことだと思います。

いえ、叱るのが悪いのではないのです。

叱り方が悪いのです。

叱る際にみなさんはどう叱っていますか?

同じトーンで叱り続けていませんか?

よーく思い出してみてください。

同じ声色で叱り続けていれば次第に犬はそのトーンに慣れていきます。

叱る回数が多ければ多い程慣れていきます。

それは叱られても自分に害が無いことを繰り返して行うことで学習していくからです。

最初は叱られればビックリして止まることもあると思いますが

止まれば人は満足してその後しません。

だから繰り返せば「このトーンで叱られても怖くはない」と学習するのです。

では声のトーンを毎回変えれば慣れにくくなると思いますがそんな簡単に声色は変えられません。

叱るたびにトーンを自在に変える事が出来る「七色声帯」があれば歌手でデビュー出来るかもしれませんね。

ですが声の音程を変えるのは効果的だというのは本当です。

思い返していつも同じ声で叱ってるなーと心当たりがあればぜひ一度声のトーンを変えて叱ってみましょう。

2.3種類くらいはトーンは変えれる・・・と思います。

いつもと違う刺激が与えられれば犬の反応もいつもと変わります。

ビックリ 犬

反応が変わればその反応を育てていくのか?

その反応がでないようにしていくのか?

次に取る選択がいくつも増えるかと思います。

刺激を変える方法是非試してみてください!

あなたの一つ一つの行動が犬に影響を与えて信頼や不信感を作るのです。

犬との良い関係を作りたければしつけの方法に固執してはいけません。

自分の行動を見直すのをおすすめします。

犬竹ーkentiku-ではそのお手伝いをさせていただきます。

使い古された英国式、欧米式とは違うトレーニングを是非ご体験下さい。

お問い合わせ・申し込み


このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る