ディズニープリンセスから学ぶ犬への虐待問題 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年09月25日 [犬の豆知識]

ディズニープリンセスから学ぶ犬への虐待問題

囚われのプリンス?

こんにちは!犬竹-kentiku-坂本です。

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

Facebookアカウントはこちら

読む前にクリックおねがいします!


多くのディズニー作品ではお城に囚われてお外にも行けずに退屈な毎日を送るお姫様が描かれます。

白雪姫は出れてるみたいだけど

アラジンのジャスミンや人魚姫のアリエル等など外の世界にあこがれを抱いて姫でいる事に不満があるのも共通です。

眠り姫に関してはずっと寝てるし。

社会に疲れた私たちからみれば「公認ニート」は何とも魅了的ですが本人達からしてみればストレスもかかるでしょう。

ですが日本ではこの様なお姫様、王子様問題を抱えた犬が多いことにお気づきでしょうか?

一生外に出れない生活が幸せなのか?

チワワ、トイプードル、ダックスフント等日本では小型犬が主流です。

犬飼いの半分以上は小型でしょう。たぶん。

ですが購入、譲渡される時こんな事言われて飼うことを決意した方はいませんか?

「小型犬なので運動は室内で十分で一人暮らしにも飼いやすいですよ!」

おぉ・・・・・・


これで納得出来たならまだ犬を飼うべきではないのでしょう。

自分に置き換えて考えてみましょう。

生まれてから食べ物もお風呂も寝るところも困らず週に何度かお手伝いさんが話し相手になってくれる。

ただ、住んでいるところは全てのドアに鍵がかけられていて、外に出た事は一度もない。

出れてもお庭くらい。

町の様子どころか話し相手のお手伝いさんしか他に知っている人間はいない。


これ幸せですか?

「最高じゃん!!」

と思ったあなたは社会に疲れているんです。休んでください。

散歩されない犬というのはまさに囚われのプリンセスもしくはプリンス。

おうちの中から出さないのは最大級の虐待の一つです。

犬が外に出なければならない理由は、運動だけではありません。

犬の散歩には「交流」も含まれているからです。

散歩道で人にも犬に合わなくても「交流」は行われています。

それが匂い嗅ぎという訳です。

詳しくはこの記事で「散歩の目的は運動だけではない?その意外な理由」

ですので極少ミニマムの犬でも「散歩」はばっちり必ずしてあげましょう。

したくない、出来ないならばDSのソフトで我慢しましょう(笑)

散歩嫌いな子の場合

外に出るとおびえる。

知らない人に吠える。

等、散歩が好きではない子もいます。

上記の2つの場合「慣れ」ていないだけの可能性もあるので

トレーニングで改善出来る場合があります。

是非ご相談を。

しかし稀に「外出ると震えが止まらない」「嘔吐する」「下痢になる」

のような明らかに強いストレスがかかり過ぎている場合も見受けられます。

その際は、散歩は控えましょう。

それは外が嫌いというよりも「精神的な病気」です。

症状、原因などを良くプロと相談して今後を決めていきましょう。
(上記の全てが精神病ではないのであしからず)

何はともあれ「散歩」は「食事」より必須のものです。

「食事」は犬の場合、何日か食べられなくてもストレスにはなりません。

しかし「散歩」は怠ると精神的負担が想像より強いので、そのまま問題行動に直結していくパターンがあります。

実際、毎日2回・30分散歩するようになったら吠えが無くなったケースも経験してます。

「運動」「交流」が犬のストレスを最小限にする秘訣なので必ずさせてあげましょう。

変な制限やオビディエンスをしなくても問題行動は改善できます。

「遊んで」「運動して」理想のドッグライフを!

また次回もお楽しみに!

あなたの一つ一つの行動が犬に影響を与えて信頼や不信感を作るのです。

犬との良い関係を作りたければしつけの方法に固執してはいけません。

自分の行動を見直すのをおすすめします。

犬竹ーkentiku-ではそのお手伝いをさせていただきます。

使い古された英国式、欧米式とは違うトレーニングを是非ご体験下さい。

お問い合わせ・申し込み

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る