犬の丸刈りは室内犬でも危険!なぜ犬の丸刈りはいけないのか? - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年09月27日 [犬の豆知識]

犬の丸刈りは室内犬でも危険!なぜ犬の丸刈りはいけないのか?

見てるとホントに泣けてくる

こんばんは!犬竹-kentiku-坂本です。

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

Facebookアカウントはこちら

読む前にクリックおねがいします!


夏もほぼ終わりましたね。

過ごしやすい時期は一瞬で過ぎ暑い次は寒いがきます。

私の大好きな秋はいつの間にか消滅したようです。

本日は夏も終わったので、夏のおさらいという事で「サマーカット」をもう一度一緒に復習しましょう。

詳しくはこちらの記事でご確認いただくとして
「トリミング時は注意!実は危険!丸坊主カット」

こんな反論を頂きました。

「最近は犬は室内がほとんど、運動するにしたって夕方以降だから丸刈りでも関係ない」

まぁこれは微妙な知り合いのトリマーに言われたんですけど、犬を飼ったことのない人間が言うことは怖いですね。

「そんな事が平気で言えるからお前んとこのサロン流行らねーんだよ」
注:実際はもう少しマイルドですが少し頭に来たのでもしかしたらこのまま言ってたかもしれません。

てっ言い返したら泣き出して音信不通です(笑)

お留守中の犬の行動

なぜ私はここまで「犬の毛の丸刈りはしてはいけない」にこだわるのか?

それは犬の生態が人間の予想を超える事が多々あるからです。

なんでそんな事してんの?と思う事がほんとに多い。

その例として

お留守番してもらってる犬達は何をしているのでしょうか?

実はほとんど寝てます。

8割以上寝てます。

しかもどこで寝ているかご存知ですか?

ハウス?

ベッド?

廊下?

いえ、いえ。

全部の犬がそうではないのですが、実はカーテンの中で寝てる子がいます。

「あっうちの子そうかも!」

って思った方ももしかしたら多いかもしれませんね。

意外や意外、滅茶苦茶暑い夏でもわざわざカーテンの中に入って「ハァハァ」言いながら

日光浴している犬達がいます。

ドM説

体内時計調整説

あほな子説

様々な説がありますが、犬に聞いてみないと分かりませんね。

でもわざわざ日光に当たりに行く犬は多いのは事実です。

いくら室内で飼っていても日光に当たりに行けば外出してるのとあまり変わりません。

大きく変わるところは「任意のタイミングで日陰に避難できる」ところでしょうか?

流石に我慢の限界が来れば日陰に行きますのでご心配なく。

なので、いくら室内メインでも丸刈りは危ないのです。

毛がめんどいなら「スムース」という種類もいますのでそちらを検討ください。

年中丸刈りみたいなもんですから。

また、丸刈りをすると毛質が変化することがあります。

換毛タイミングがずれたりする原因になったりするのでちゃんとその犬種本来の毛の長さを心がけましょう。

トイプードル、シュナウザー、ビション等カットが醍醐味な犬種もいますが毛で遊ぶのは程々に。

毎日5分でもいいのでお手入れは欠かさずに!

お手入れは愛情を与える手段の中でも重要なのをお忘れなく。

また次回もお楽しみに!

あなたの一つ一つの行動が犬に影響を与えて信頼や不信感を作るのです。

犬との良い関係を作りたければしつけの方法に固執してはいけません。

自分の行動を見直すのをおすすめします。

犬竹ーkentiku-ではそのお手伝いをさせていただきます。

使い古された英国式、欧米式とは違うトレーニングを是非ご体験下さい。

お問い合わせ・申し込み

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る