ピンポンとチャイムが鳴っても吠えなくする方法 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年10月18日 [トレーニング]

ピンポンとチャイムが鳴っても吠えなくする方法

こんにちは!犬竹-kentiku-坂本です。

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

Facebookアカウントはこちら

読む前にクリックおねがいします!


ピンポーンのチャイム吠えをやめさせたい

吠えに付いて最近は記事を更新してますが今回は実践編!

ピンポーンと音が鳴ると吠えまくるのをやめさせたい飼い主さんは多いと思います。

吠えまくるからまともにインターホン越しでは会話もできない。

今日は写真を見ながら実践的にその解決方法をご紹介しましょう。

文章だけだと分かりづらいですからね。

チャイムが・・・鳴ってる!!

犬竹ではお預かりトレーニングはしていませんがこの子はかなり特殊な事情でお預かりしている子です。

名前は「ズンダ」といいます。

ちょくちょくモデル犬で登場しますのでお見知りおきを。

このズンダ8年間預かり施設に通っていましたが全く改善しないで飼い主には唸る!咬みつく!

犬に至ってはホントに殺してしまう可能性があるくらい問題児。(前科は無い・・・・はず)

そのうえ目も片目が緑内障で皮膚もアレルギーでかゆみが止まらない。

おまけに「アジソン症候群」という不治の病付。

でも安心してください。

本犬は非常に元気で今日も生きてます。

病気は薬で向き合っていくしかないのですが、問題行動のオンパレードでもあるので一つ一つやっていきましょう。

今回はピンポン吠え。

ピンポーンやドアの開閉音にかなり敏感で吠えがすごい。

近所迷惑になります。

今は私と居ますのでかなり吠えないでいてくれていますがたまに「ウフッ」と吠えたり

私がいないときに来客が来れば吠えるはずです。

吠えゼロを目指してトレーニングです!

チャイム音再生機能

今回行ったのはチャイム音への馴化作業というトレーニング方法。

ただひたすら鳴らしまくって慣れさせるというトレーニングです。

※この方法はチャイムに吠えるより興味がある集中がいくものが無ければ基本成立しません。
この犬は私管轄の元特殊な訓練を受けた犬です。
また最初は吠えまくるので必ずプロの指導の元に行いましょう。
指導の無いなんとなくトレーニング程危険なものはありません。


来客か!?

めちゃくちゃインターホン見てます(笑)

吠えはしないものインターホンが鳴ると玄関まで様子見。

私が以前見た飼い主さんがいる状態では外に飛び出していくほど興奮します。

なので鳴らし続けて30分・・・・・

お客さん来ないよね?

疑ってます。

とりあえずリビングから出てくる。

でも疑っている。

まだわからんか・・・・・

更に鳴らし続けて10分。

とりあえずハウスに

立ち上がるけどそれだけ。

とりあえず反応はしなくなりました。

でもこれで改善ではありません。

一日すれば忘れるのでこれを何日か繰り返します。

今回は初回なので40分程度やりましたが次回からは反応が治まればおしまいにします。

このトレーニングの注意点はみなさん「吠えなくなったらやめてしまう事」です。

そうすると数日後には元に戻ります。

吠えなくなったらそこからが勝負!

このトレーニングは長く続けていきましょう。

作業は単純ですが単純な分長く続くていく必要があります。

また何度も言いますが犬によって向いている向いていないがあります。

すぐに効果が出るトレーニングは基本的に犬に異常な負荷をかけているに過ぎません。

出来れば3カ月から6カ月の期間かけてじっくりやっていきましょう。



あなたの一つ一つの行動が犬に影響を与えて信頼や不信感を作るのです。

犬との良い関係を作りたければしつけの方法に固執してはいけません。

自分の行動を見直すのをおすすめします。

犬竹ーkentiku-ではそのお手伝いをさせていただきます。

使い古された英国式、欧米式とは違うトレーニングを是非ご体験下さい。

お問い合わせ・申し込み
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る