犬の食糞の原因と解決方法 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年10月31日 [トレーニング]

犬の食糞の原因と解決方法

やめさせたい行動上位

こんにちは!犬竹-kentiku-坂本です。

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

Facebookアカウントはこちら

読む前にクリックおねがいします!


お悩み上位「食糞」
犬の食糞の悩みを解決

排泄物を食べるというのは特殊な性癖を持った人間以外は基本的には好みません。

ですがそれは「人間」という無駄に知恵を付けた生き物だからこそ排泄物を嫌悪するのかもしれませんね。

私たちと関わりが深い犬という生き物も排泄物を食べる「食糞」という習性があります。

食糞という行動は問題行動では無く「習性」です。

異常行動では無いので気にならないのならば止めさせる必要はありません。
(ただし散歩道に落ちている野鳥の糞や得体のしれない排泄物を食べるのは健康上よろしくありません)

ですがやはり人から見るとうんちを食べるのは快くないものです。

実際、食糞のお悩み相談は結構な数があります。

イベントなどで大型デパートの無料しつけ相談とかやると大体

一位 トイレ

二位 吠え

三位 食糞

四位 咬みつき

な気がします。
(地方差もあるかもしれません)

それほど食糞をやめさせたいと思う飼い主さんは多いという事なのですね。

食糞の原因
何故?食糞をするのか?

食糞の原因ですが多くのお悩み解決サイトでは「ごはんが足りない」という回答をよく目にします。

ですがこれは多少語弊があります。

確かにお腹が空けば食べれそうなものはとりあえず口に入れてみるのが犬です。

ご飯が足りなければうんちも食べるでしょう。

ですがかといってご飯を犬の満足いくまでたらふく食べさせていれば肥満の原因にもなります。

犬は自分でご飯の量を調節出来ませんから中には吐くまで食べる子もいます。

犬の食糞の原因とは根本的な習性ためこれといった原因が無くてもし始めます。

吠えや噛みも同じですが多くの問題行動は犬の習性のため「これが原因でし始める」

という事はまずありえません。

問題行動の原因はし始めた事が問題なのではなくそれがいかに「習慣」になったかです。

食糞をしてるな!

と思ったらそれを習慣にしない事。

それが一番の解決策なのです。

食糞の解決方法一例

ではその解決方法ですが何が原因でそうなったか?

ではなく

何が原因でそれが習慣になったか?

という事を考えていただきます。

習慣付けた原因としては

・食糞したらびっくりして大きな声をあげてしまった。

・食糞をどうしたらいいかわからないのでスルーしてしまった

・食糞させないようにうんちを食べさせないようにした


等など

どのご家庭でも大体してしまうのが「叱って取り上げる」という行為です。

これはしつけ本でも多くかかれる方法ですが悪化する原因となるものです。

それで効くのは「叱られてるというのがちゃん分かる子」だけです。

そういう子ならおそらくしつけ本を購入したり、ネットで調べるまでもなく改善されているでしょう。

叱られて取り上げるという状態は言って見れば

「あーーー!そのうんちあたしの!!!もーっっっらい!!!良いだろー!」

と煽っているようなものです

大きな声=歓声

取り上げる=貴重なものが取られた


歓声が起こるほどの貴重な食材を俺がとってきたのに横取りされた!

こう感じる場合もあります。

勘違いもいいところですがこう学習したためにその子の中で

「うんち」は最高高級食材として昇華したのでした。

そうすると誰も居ない夜食べたり、肛門から直接なめとったり・・・・

どんどん最悪な方へ向かいます。

なので!

この状況から抜け出すには真逆の事をすればよいのです。

つまり・・・・

静かにそっと寄りうんちを持ちあげて目の前に置いて食べそうになったら低い声で叱る。

という方が効果が高い方が多いです。

その時うんちを見下すような冷たい目線が最重要なので練習しましょう。

うんちを価値のないものだとどう思わせるのかがとても大切なのです。

これは食糞に限らずどれでも同じです。

いたずらされたくないものは隠してしまうのですがそれが価値観をあげる事につながります。

みなさんも滅多に見れないものが限定公開されたら見たくなりますよね?

欲しいと思う人も多いと思います。

犬もそこは同じ気持ちだという事ですね。





あなたの一つ一つの行動が犬に影響を与えて信頼や不信感を作るのです。

犬との良い関係を作りたければしつけの方法に固執してはいけません。

自分の行動を見直すのをおすすめします。

犬竹ーkentiku-ではそのお手伝いをさせていただきます。

使い古された英国式、欧米式とは違うトレーニングを是非ご体験下さい。

お問い合わせ・申し込み





このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る