2016年01月17日 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年01月17日 [トレーニング]
トイレ3

犬竹-kentiku-坂本です。
本日は時間帯で覚えるトレーニングですが、できれば時間帯ではあまり覚えてほしくはないのです。
時間帯で覚えるともしかすると飼い主さんは自由にお出かけできなくなってしまうかもしれません。

時間帯で覚えていると自由がない
最初のうちはトイレさせやすい時間帯でおトイレさせますが、固定の時間ばかりに出していると時間帯で覚えるようになります。
これも性格により覚えやすさが変わりますが時間帯でワンちゃんに覚えられてしまうと困ったことになります。

人間だれしも必ず毎日全く同じリズムで生きているわけではありませんよね。

平日は仕事があって決まった時間に起床しますがたまの休日はゆっくり眠りたい・・・・

そう思う方は多いはずです。

しかし犬という生き物は妙に時間に律儀なもので毎日朝6時におしっこする癖がついていると

「おい!おしっこの時間だよ!起きて!」

と起こしてきます。

こうなるともう大変。

朝は6時

お昼は12時

夕方は5時

寝る前の11時にラスト!

とパターンが決まるといつもは良いのですが、急用で出かけなければならないのに12時付近からずっと吠えっぱなしだとか今日は休みだから寝たいのに6時に起こさせるだとか人間の都合はわかりません。

これが散歩付きだったら・・・・

なので時間帯では覚えさせないほうが良いのです。

時間を不規則にする
ではどのように時間帯で覚えることを阻止すれば良いのでしょう?

それは時間を不規則にしてゆくことです。

最初は決まった時間でもよいでしょう。

その方がしてくれやすいです

トイレが出来るようになったらわざと我慢させるようにします。

時間にして30分から1時間程度ずらします。

それを毎日時間をずらして排泄させていくと時間帯で覚えることを大体は防げます。

それでも時間帯で覚えてしまいそう
それでも時間帯で覚える子がいます。

性格なので数時間ずらした程度ではあまり効果が無く自分自身で大体9時にはおしっこするんだ!という子も居ます

その場合は前々回くらいのブログで書いた条件付けを利用して言葉で教えてしまうのが良いでしょう。

言葉は自分が言い易いもので大丈夫です。

難しくはないおトイレトレーニング
というように多くの飼い主さんが苦戦しているトイレトレーニングですが難しいジャンルではないはずです。

ただタイミングが中々合わない・・・・

だから難しくなってしまうこともあります。

トイレトレーニングは飼い主さんが見ていられることを前提に考えられています。
といかわからないものを勝手に覚えるということはあまり期待しないほうが良いでしょう。
どんなものも最初は人が見ていてあげて教えるのが基本です。

お仕事が忙しいとトイレトレーニングは非現実的なものになります。

トイレトレーニングをする暇もないくらいならワンちゃんは飼わないほうがお互い無難かもしれません。

もうすでに飼育していて困っている方はトレーナーに頼んで定期的に見てもらえるように鍵を預けるのも手です。

近所の人でも良いのですが失敗しても文句は言えません。

まだトイレトレーニングで書き足りないこともありますが一応このシリーズはここで幕引きにします。

ホームページに近いうちに分かりやすくまとめたものをアップしますので参考にしてトレーニングしてみてください。

明日からは褒める大切さ叱る大切さを題材に書いていきます。

お楽しみに!

このページの先頭に戻る