2016年02月 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年02月29日 [トレーニング]
大切な宝物

こんばんわ!犬竹ーkentiku-坂本です。

おもちゃやおやつを使いトレーニングする事は最近のトレーニングでは主流です。

というか道具を使わないとトレーニング出来ないトレーナーが最近は大半です。

なのでおもちゃやおやつに興味が無いと戸惑ってしまいます。

道具の力に頼り過ぎているため興味の付け方がわからないという自称プロが多いのです。

嘆かわしいことですが今回はその話ではなく

道具に価値観を持たせていく方法の話。

自分が要らないものは他人も要らない

価値観と言うものは人それぞれで犬もそれぞれです。

こんなものに興味あるんだと思うようなものがあったりして面白いのですが

大半は自分が興味のないものは犬も興味がありません。

どういうことかというと

人が無関心なものに犬もあまり関心を持たないということです。

意欲のある子はロープの切れ端なんかでも喜んで遊びますが

意欲のあまり強くない子はぽいっと渡しただけではあまり喜びません。

これはどうやって遊ぶのかもあまり分からないのと飼い主のあなたがそれに無関心だからです。

物をもらう時に

「これ要らないからあげる」

と言われるのと

「これあなたに役に立つと思って」

なら、後者の方がうれしいですよね。

犬も同じで

「これで遊んどきな」

と渡しても人が無関心だとあまり興味を持ってくれません。

咬んでほしくないものを咬むのは関心があるから

お気に入りのスリッパや高い上着など咬んでほしくないものを狙って咬んでくるのは咬んだときに

人が良い反応をするからです。

「あー!!それダメ!やめて!」

と大きな声で騒げば、犬からしてみれば

「よーし!!いいぞ!私も気分が盛り上がってきた!」

と言っているのと大して変わりません。

食糞やうれションが改善しないのも大概はここが原因の場合があります。

「咥えたものを離してくれないときはこうしろ」

でも触れましたが離してほしいときは無関心を装うと離してくれやすいです。

関心を持ってほしい場合とは逆の事ををするということですね。

本当に大切なものは犬の手の届かないところに保管しましょう(この場合は口か・・・?)

価値観をあげるのはどうしたらいいのか?

ここまで読んで頂ければ価値観をあげるにはどうしたらいいのか

ということがなんとなく察しがつくと思います。

具体的に説明しますと

おやつに興味があまり持てないなら実際に自分がそのおやつを食べてみる等する

とかですかね。

私は、犬の指示を出してそのあとあげるふりをして自分で食べてしまうなどの嫌がらせをわざとします。

すると犬は人が食べているものに興味があるので「あれ、おいしそうだな・・・」

と感じてくれやすくなります。

因みに食べるふりでもいいですよ。

これしてると周りの視線が痛いんですよね(笑)

おもちゃは大切なものの様にふるまいます。

宝物を持つように大切に大切に。

出し惜しみをしてからいよいよ出す!

みたいな感じです。

溜めれば溜めた分効果は出やすいです。

遊んでる間も少し軽く引っ張っては離してみるなどして興味を煽ります。

自分のテンションを上げ下げする

自分のテンションというものは大切です。

動きが良くてもテンションが低いと犬はついてきてくれません。

逆に動きが悪くても適切なテンションだと犬は良くついてきてくれます。

自分のテンションコントロールはビジネスの上でも非常に重要視されていて

コンサルティングの会社は怒り抑制の「アンガーコントロール」などを出来るように勧めているところも

多くあります。

喜怒哀楽を演技ではなくその都度スイッチを切り替えることが出来ればトレーニングが更なる

高みに到達するはずです。

おもちゃ・おやつはあくまで自分の魅力の底上げ用のブースターです。

道具に頼り切るのは良い関係ではありません。

物がなくても犬は心がつながる生き物ですので何かに頼らないで自分の言葉や動きが

その子にとって最高のご褒美になるようにしましょう。

2016年02月28日 [お知らせ]
たまには整理

こんばんわ!犬竹-kentiku-坂本です。

今回は今まで書いたブログの内容をまとめています。

見出しで分けているので興味のあるタイトルがあれば幸いです。

人気記事

閲覧数の高かった人気のある記事です。

やっぱり最近の記事が多いですね。

あなたのおうちは誰が大黒柱?

多頭飼いの場合の関係性

犬と本気で遊ぶということは正しいのか?

犬を飼う前に読んでほしい

犬を飼う前に読んでほしい記事です

命を飼うってかんたんなことじゃないです。

失敗しない!ドッグトレーナーの選び方3カ条

プロに頼るという方法

トレーニング形態は何を選べばベストなのか?

アニマルウェルフェアという考え方

犬の仕事をしてる人に読んでほしい

内容がマニアックなので閲覧数はいつも低い・・・(笑)

でもトレーニングが好きな人には読んでもらいたい記事です。

しつけするときに注意したい!いきなり結果を求めていませんか?

連鎖と逆連鎖

犬とおもちゃで遊ぶ

トレーニングの要!集中力!

ちょっとした雑学

知っておくと役に立つかも。

合コンやキャバクラで使おう(笑)

忠犬ハチ公物語

にかって笑って

犬種図鑑NO1 ミニチュア・ダックスフント

動物番組の裏側




という感じでしたがどうでしょう?

興味のある記事は見つかりましたか?

たまには古い記事も出しとかないと・・・(笑)

では次回からは通常更新です。

お楽しみに!

2016年02月27日 [トレーニング]
猫パンチ!

こんばんわ!犬竹-kentiku-坂本です。

前回は廃れてきた犬業界のお話でしたが

今回は猫の話です。

猫の教育施設なんて流行るんじゃないかな?

と前回締めくくりに書きましたが世の中そんなに甘くないです。

このブログを読んでいらっしゃる方は大体犬関係のお仕事をされてる方か

犬を飼育されている方だと思いますが、みなさんは犬のしつけ難しいと思ますか?

思うと答えた方。

猫はその何倍も難しいのです。

今回はそんな猫の話。

猫は頭がいいのか?

動物には脳化指数というものがあり脳の重量により決めています。

ヒト〜7.4

イルカ〜4.8

チンパンジー〜2.2

カラス〜1.25

イヌ〜1.2

ネコ〜1.0

人が抜きんですぎてますがこんな感じです。

カラスの方が犬より頭が良く芸を仕込むとそこらへんのトイプードルより達者です。

で見てもらうとわかるように猫は少し低いですね。

頭が悪いというよりは発想力に乏しいという感じでしょうか。

呑み込みが悪いです。

これがすべての結果ではありませんし中には犬以上の知能を発揮する猫もいるでしょう。

しかし犬のトレーニングは犬の発想力に助けられている部分があるので

発想力に乏しいと苦戦させられます。

では基本知能に続き犬と比べると猫はどうなのかということをお話ししましょう。

犬VS猫 三番勝負!

犬と比べて猫はどうなのか?

という観点で少し比べてみましょう。

因みに「平均的な」猫ですから結果に納得できなくても受け入れて下さい(笑)

ハングリー精神

これはトレーニングしていく上でかなり重要な項目です。

これが無ければトレーニングは大幅に遅れが出ます。

まずは犬ですが犬はハングリー精神の固まりともいえる動物です。

餌を与えれば与えるだけ食べますし物に対しても貪欲です。

これは犬と関わっていると嫌というほど思い知らされますね。

参考サイトも載せましたが犬のやる気でトレーニングが成り立っているようなものです。
参考:http://www1.cnc.jp/sary/kunren/obe3.html

それに比べて猫はハングリー精神に欠けているといわれています。

だるいにゃ・・・

自由気まま

頑張る気が無い時はてこでも動きません。

たまに猫を見てるとそんなとこもかわいく思えます。

がトレーニングでは大きなデメリットです。

食事にもあまり貪欲ではなく食欲よりプライドが勝つようです。
参考サイト:http://nekology.somalism.net/food/times.html

猫はお腹一杯になるとそれ以上食べようとしないので「置き餌」が可能です。
(可能ですがフードが酸化するのは体に悪いのでやめましょう)

しかし、犬はあればあるだけ食い切るので置き餌はできない子が多いです。

ということでハングリー精神という面では犬の圧勝です。

褒めやすさ

褒めやすさというのは何に対して喜びを感じやすいかです。

犬は基本的にほぼ全部のものに対して喜びを感じます。

言葉、餌、おもちゃ、人の動き

これのせいで人と犬との間に勘違いが起きやすい事もありますが

喜びを多く感じてもらった方が覚えは早いですよね。

それに対して猫は褒められてもあまり嬉しさというのは感じないようです。

いや、嬉しそうなんですが学習につながらないというか・・・

これは動物としての違いがあります。

犬は集団で狩りを行うのに対して猫は単独で狩りをします。

なのでチームワークや群れを重要視する必要がありません。

何度かブログでも書きましたが犬が褒められてうれしいのは群れから受け入れられたと

感じるからです。

犬ほど群れを重要視しない猫はなでられても「きもちいい」くらいにしか感じないので

褒めるのがむずかしいのです。

しかしオペラント、古典等は猫にも十分通用するので餌でのトレーニングが効果的なようです。

芸達者はどちら!?

芸が出来るのは頭の良さの証明でもあります。

どちらが芸達者なのかはあまり違いが無いようですがここに犬のしつけと猫のしつけの違いが出ます。

基本的に犬は経験させて覚えさせていくしつけ。

逆に猫は経験させないで余計なことをさせないしつけ。

なのです。

芸を覚えると猫はいらんことも始めます。

しかも犬と違い怒られても群れの意識が低いおかげかあまり応えません。

結果いたずらがヒートアップします。

犬も芸を教えることでいたずらに目覚めることもありますが叱ることで抑えていく事が出来ます。

どうやら猫のしつけのしにくさはこの「群れ」に対する認識の違いなのかもしれません。

猫に対して罰を与えるのは音で脅かしたりするものが有効で言葉で叱っても効果が薄いようです。

芸に関しては罰を与えると教えた芸ごとやらなくなる事もよくあるのでイライラします(笑)

しつけできないわけではないけども

猫に対してしつけできないわけではないのは確かです。

トイレに関しては犬よりはるかに物覚えがいいですし。

ですが「家族」という認識の点では犬よりは希薄なのかもしれません。

フリーダムな姿に癒されるのは確かですが仮に猫ブームが来たらそれはそれで犬よりきつい状況になるんじゃないかと。

でも「猫の保育園」とか増えそう(笑)

いつの世の中も割を食うのは動物たち。

犬は人がいないと生きれない生き物ですが猫は野生の動物であり

あのライオン、トラ等と同じ生き物ですのでそこの所を努々お忘れなく・・・。

でも大勢の馬鹿者が猫に対してのトレーニング(笑)とかやり始めるんだろうか。

また次回をお楽しみに!


このページの先頭に戻る