2016年02月04日 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年02月04日 [トレーニング]
ふせ大好き

こんにちは!犬竹-kentiku-坂本です。

今回はふせです。

ふせは何のために教えるのでしょうか?

服従心を養うため?

実に多くの方がふせを服従の姿勢と捉えていますが

伏せをするだけでほんとに服従心が養えるのでしょうか?

伏せ=服従ではない

犬の服従の姿勢は「お腹を見せる」というものに限らせるという意見と

ふせも服従であるとする意見

両方が存在して良いと思います。

なぜなら犬の性格により伏せが服従になるかは変わるからです。

伏せが服従になる場合もあれば服従でないときもあるのです。

第一に伏せを教えただけで服従心が皆付けば家庭犬トレーナーの仕事は伏せを

教えるだけでほとんど成り立ちます。

伏せは絶対に服従の姿勢ではないということは覚えておいてください。

なぜ?ふせを教えるのか?

では伏せは教えなくてもいいのでしょうか?

伏せは犬にとってとても落ち着く姿勢の一つで

考え方的にはおすわりの強化版だと思っていただけると分かりやすいかもしれません。

より長い時間待つときはおすわりより伏せで教えた方が待ちやすいです。

犬や人にあったときに興奮しすぎて今にも飛びかかろうとしたときは

伏せを用いて興奮を抑えるなどの使い方が良いですね。

伏せのテンション
伏せにも勿論適切なテンションがあります。

先ほど記したように伏せというものはマテの継続のために教えるものです。

おすわり同様にこの伏せもウキウキな気分で教えてしまうと

ただの一発芸になり下がります。

ただ今回は前回の伏せと違いウキウキな状態で教えた後

徐々にテンションを落としていく方法でトレーニングすることをおすすめします。

やり方は少し前の記事「おもちゃを使って集中力をあげる」を参照してください。

気分はウキウキした状態ですが待っていればご褒美がもらえる。

しかし動けば無くなる。

NRMと似た原理です。

何もかもテンションを落としてトレーニングすると犬の意欲はぐーんと下がります。

そして教え辛くなります。

なのでテンションを落としてトレーニングするのを嫌うトレーナーは多いです。

しかしテンションの高い犬が飼い主さんに扱えるかというと難しいでしょう。

ここのギャップは常日ごろから感じていたので

テンションを落としたトレーニングを飼い主さんにはお伝えしています。

おすわりとふせ

この二つはモチベーションで意欲をあげすぎないことをおすすめします

心の底から!

次回はマテです。

もう少しテンションを落としたトレーニングが続きます。



このページの先頭に戻る