2016年02月10日 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年02月10日 [犬の豆知識]
犬の鼻

こんにちは!犬竹-kentiku-坂本です。

犬の鼻は良い。

一般常識レベルでみなさんも周知されていると思います。

実際に犬の嗅覚は人間からは想像できないレベルで良く

大体人間の100万倍くらい良いそうです。

100万倍をイメージしやすくすると、横浜市全域の上空100mで1gの酢酸を撒いても

そのにおいを嗅ぎ取ることができるくらいの嗅覚らしいです。

しかも肉や油のにおいは人間の1億倍以上でもう想像できませんね。

今回はそんな犬の嗅覚についてのお話です。
犬はにおいを強烈に感じるのか?

犬は鼻がいいからにおいの強いものはだめだよ。かわいそうでしょ?

とよく聞きますが

これは少し誤解があります。

犬は確かににおいを敏感にかぎ分けることができるので

においを強く感じることもあります。

しかし何から何まで強く感じてしまうと

生きていくのが困難です。

冒頭に書きましたが犬の鼻の良さは人間と比べると次元が違います

次元が違い過ぎて説明が困難なのです。

人間はにおいを嗅ぐとダイレクトに匂いを感じます。

しかし犬はにおいを感じるレベルを変えることが

任意で出来ると言われています。

つまり嗅ぎたくないにおいがあれば

あまりにおいを感じなくすることもできるのです。

私たちからは想像もつかないですよね。

匂いのレベルを変えられるって

あれですよ

くさやとかおならとか

嗅ぎたくないにおいの目の前にいって

匂いを嗅いでも

平気な面が出来るんですから

罰ゲームなんかも余裕です。

匂いの感じ方が違う

第一においの感じ方が人とは違います。

犬には、鋤鼻器官(じょびきかん)別名ヤコブソン器官とも呼ばれる場所があり

ここで人間には感じ取れないにおいを感じます。

因みに人間はこの器官が退化しています。

なので通常、人はにおいを感じるときは一つのにおいしか感じません。

醤油は醤油のにおいがしますし

焼き魚は焼き魚のにおいです。

しかし実際には醤油は元々大豆ですから

大豆のにおいが残っていても不思議ではないです。

醤油職人さんなら大豆のにおいとか感じるのかもしれませんが

一般人の私たちは感じることが難しいです。

しかし犬はこのにおいを分別して嗅ぐことが出来ます。

イメージを図にしました。

すんません
あら不思議とても分かりにくい(笑)

絵が下手なのは許してください。

マウスで書いた割にはかけてる方だと思います。

図のたとえは鼻にかけて花にしました。

このように花という個体のにおいを人間は感じますが

犬はそこから更に細かく

分担してにおいを嗅げているのです。

この特性を利用しているのが警察犬の追求や選別です。

ここまで細かく嗅ぎ分けられるからこそなのですね。

散歩のときに発揮されている

この鼻の良さはお散歩の時に発揮されています。

犬のお散歩は多くの方が運動のためだと思われている

と思いますがメインは実はそこではないのです。

次回はお散歩の話です。

お楽しみに。

ホームページトップに戻る

このページの先頭に戻る