2016年03月 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年03月30日 [ワンちゃんを迎える前に]
わらわら・・・

こんばんわ!犬竹-keitiku-坂本です。

日本はとても仕事大好き人間が多い国です。

「社畜」という言葉も日本ならではかもしれません。

なので犬を飼っても犬と向き合える時間がとても少ないです。

留守番慣れさせるためにも一頭でいる時間も作ってあげた方が

良いのかもしれませんが仔犬の時の経験はとても大事なものです。

預けたり、長い時間のお留守番は良いことなのでしょうか?

今日は仔犬と人間の話。

社畜大国日本

社畜って言葉を知ってますか?

知らない方のためにリンクしときます

海外にも社畜に似た概念はありますが日本とは少し違うみたいです。

なぜ、こんな話から入るかと言うとこの仕事をしているとほとんどの飼い主さんに言われるのが

「トレーニングしたいけど仕事が」

ほぼほぼ9割以上の方に言われます。

それを前提に私たちトレーナーは飼い主さんに無理の無いようにプランを組み立てて

トレーニング出来るように調整します。

お仕事をしてくれないと私たちも月謝がいただけないので勿論お仕事をしていただきたく思うのですが

日本は働き過ぎだとは思います。

ブラック企業

社畜

は正に日本を象徴するものだなーと思います。

そこで私が疑問に思うのは「仔犬って小さいころから預けれたり留守番で性格上に問題は出ないのか?」

というところ。

仔犬の社会化

この疑問はこんな記事を見つけたからです。

「幼い子どもは親がいつも一緒にいてあげるべき」には科学的根拠があります

という記事です。

なのでじゃあ仔犬ってどうなのかな?

って思いました。

女性が家庭を守り男性は外で戦う。

この形は今や当たり前ではなくなっています。

でも、子供がいる限りは誰かが見てあげないといけない。

だから保育園に通わせたり、委託所に預けたり。

でもこの記事はそういう事をすると科学的にも良くないことが分かっていますよ。

という記事です。

犬も保育園がありますね。

仔犬の時期は社会化という時期が生後3カ月くらいまであります。

3か月以降は人間でいう第一次思春期というものに入ります。
(5カ月前後に親に対して反抗してもみたりするのが多いのもこの時期だからだといわれています)

社会化という言葉はとても広い意味を持つので言ってしまえば1歳越えるまでは社会化は続いているんですが

社会化というものは飼い主よりブリーダー側がやるものだとは思います。

だって2カ月未満の仔犬って販売してはいけないからね。
(正確には8週齢規制というものがあり8週過ぎなければ仔犬は譲渡してはいけないことが決まってます。)

4カ月、5カ月の頃に預けても社会化不足うんぬんより他の問題行動の出が早いのでそっちで苦戦し始める。

でも問題行動って飼い主さんが学ばなければいけないから預けてると悪化していく。

でもほとんどの保育園って預かってるだけってのが多いよね。

学生の頃いろんな犬の保育園のインターン行ったけどどこもまともな保育園じゃなかったから最終的には訓練所に行ったけど。

そのあと、とある保育園に就職したけどトレーニング第一って雰囲気じゃない。

まともに働きもぜずに批判はしたくなっかたから4年は働いたけどやっぱ納得はできなかったんですよね。

まぁ保育園の良いところもあるけどこの記事の言うように子供と同じように仔犬もやっぱある

程度は飼い主が傍にいれる環境を作らないといけないとは思うんですよね。

親子という関係かボスという関係か

ずっーとどういう関係が正しいのか考えられてますが私は「犬によって正しい関係は変わる」と思います。

なので飼い主さんによってやり方はかなりのバラつきがあります。

おやつオンリーもありますし、モチベーションを使わないのもあります。

自分の子供なら勿論親子という関係以外ないとは思いますが犬はまた違うと思うのです。

親子のような関係性

友人のような関係性

恋人のような関係性

部下のような関係性

番犬の関係

どういったものが良いのか判断してトレーニングプランを組む訳です。

なので仔犬期は傍にいてあげるが必ずも正解ではありませんがほとんど預けて仔犬の頃あまり

関わらなかったのはあまりお勧めはできません。

仔犬を迎えたならご家族の中で一緒にいれる方を一人でも良いから決め手その方が

一緒に居ながら犬との接し方を学んでいくのがやはり最高の形ではないのかなと思います。

日中は保育園に預けて周何回はトレーナーから直に学ぶならもっと最高ですね!

そういう保育園の利用の仕方なら是非是非保育園はお勧めできます。
(そいうやり方するのは少ないけど・・・)

でも今の日本の現実では難しいかな・・・

皆さんもぜひ考えてみてくださいね。

意見など頂ければ嬉しいです。

ではまた次回をお楽しみに!

良いと思ったら是非クリックしてください!



にほんブログ村


2016年03月29日 [トレーニング]
意外に鼻を使わない

こんばんわ!犬竹-kentiku-坂本です。

犬は鼻が良く聞くといわれています。

確かに犬の鼻はとても良いのですが皆が皆鼻を使う訳ではないのです。

鼻を使って探し物をしたりするというのはそれもトレーニングが必要なのです。

今日は鼻を使う話。

鼻を使う仕事

鼻を使って仕事をする犬をセントハウンドと言います。

セイントじゃなくてセントです。

有名なのはブラットハウンドでしょうか?

全犬種中最高の嗅覚を持つ犬種です。

ネズミに消されませんように。

因みに世界一有名なネズミの飼い犬はこのブラットハウンドがモデルです。

犬は一般的にも鼻が良いことは十分に知られていますのでお得意の嗅覚で仕事をすることが多いです。

日本では「追及」という項目で警察犬は行方不明者を探すお手伝いをします。


まともな動画がありませんでしたが取材的な感じのこれが分かりやすいかな・・・。

海外では狩猟につかわれたり害獣駆除に使われたりもします。

ですが日本では犬を仕事の相棒として使うのは少ないのでこういう仕事をする犬はあまり見ないですよね。

このように犬は嗅覚を使うことが得意だと思われています。

みんなが出来る訳じゃない。

実は生まれつきみんなが嗅覚を使うことが得意なわけではありません。

「うちの子、物探すの苦手なのよねー犬なのに」

こんなセリフもよく聞きます。

ボールを失くしてもすぐに探してくる犬もいますがずーとウロウロしてる子もいます。

鼻を使って何かをするのが生まれつき備わってない子もいるようですね。

なので嗅覚で何かをさせたい場合は鼻を使わせる練習から入らないといけないのです。

その代表例が「宝探しゲーム」というものです。

海外のトレーナーさんも良く紹介する非常にベターな遊びです。

やり方は簡単。

1.おやつやボールを犬が見ないように隠す。

2.犬を解除して探させる

3.持って来たら褒めてまた隠す。



ホント犬のトレーニング動画って絶望的に少ないですよね。

え?自分で撮れ?

あっはい

繰り返して覚えさせよう。

トレーニングは全てが繰り返しと改善で行います。

この嗅覚を鍛えるトレーニングも繰り返して覚えが悪いようなら探させるものを変えたり

宝物までの距離を縮めたりしましょう。

感の良い子な数回で出来るようになるはずです。

仕事をさせるというのはストレスを発散させる事

最近はだいぶ少なくなりましたが「動物愛護」ではなく「動物愛誤」してる人は仕事させることが

かわいそうだと言います。

ですが犬たちは仕事をするために作出されてきました。

狭い庭で飼われているボーダーコリーはほんとは広い草原で走り回りたいでしょう。

しかしこの狭い島国では限界があります。

なのでお仕事を遊びに変換させてストレスを発散させてやることが必要です。

各犬種の元々の仕事は何なのかを知り、そしてその犬種にあった遊びで日ごろのストレスを解消させてあげましょう。

また次回もお楽しみに!


今回紹介した遊びが特に向いてる子
ビーグル、ダルメシアン、ダックスフンド等のセントに分類される犬種各種
(ダックスはJKCではセントグループではありませんが別団体であセントに分類されていることもあります)

良いと思ったら是非クリックしてください!



にほんブログ村






2016年03月28日 [ワンちゃんを迎える前に]
わんつーわんつー
こんばんわ!犬竹-kentiku-坂本です。

今回はしつけのお悩みでも毎年トップクラスのおトイレの問題についてです。

おトイレがちゃんと出来ないとやはり困りますよね。

吠えや咬みなどは気にしなくてもトイレが出来ないを気にしない方はかなり少数だと思います。

外?室内?両方?                   

おトイレを覚えさせる時にまず考えるのはどこでおトイレさせるのか?です。

基本的には外でも室内でも出来ると便利ですがお住みの地域によっては場所が限られてくるかもしれません。

大型犬だとトイレシーツからあふれてしまう子もいますのでお外のみを

ご希望する飼い主様もいらっしゃいますが

台風や大雪の日は大変ですしワンちゃんも天候が悪いとしたがらない子も多いです。

このように、おトイレもただ教えれば良いわけではなくご自身の状況を考えて覚えさせましょう。

何で覚えるのか?          

これまた重要な何で覚えるのか?です。

よくしつけ本には足の感覚で覚えると書かれていますが

足の感覚だけでなくトイレの場所

時間帯等その子により覚えやすいものは変わります。

家ではできるけど旅行に行くといつも外したり起床時間がいつもより遅れて

散歩に行く時間が遅くなると漏らしたりする場合は原因が何で覚えているかが関係してきます。

自分の子は時間で覚えるのか?

場所で覚えるのか?

感覚で覚えているのか?

考えてみましょう。

どう教えるのか?          

上記の2つを考えた上でトレーニングを始めます。

いきなり適当な方法でスタートすると失敗することもありますので、目標を考えたらスタートします。

これはトイレトレーニングに限らずどのトレーニングでも同じです。

トイレ出来たらいいなぁーという曖昧なイメージでなくどこでどの時間帯でというように具体的に考えます。

サークルで囲うのか?

沢山トイレシートを引いておくのか?

褒めるときはおやつを使うのか?

声で褒めるのか?

ケージから出してあげるのか?

ここも性格によりかなり変わります。

性格を理解してより効果の高いしつけをしましょう!

良いと思ったら是非クリックしてください!



にほんブログ村


このページの先頭に戻る