2016年06月 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年06月30日 [ワンちゃんを迎える前に]
同居犬との関係性

こんばんわ!犬竹-kentiku-坂本です。

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

Facebookアカウントはこちら

読む前にクリックおねがいします!


多頭飼いのおうちは結構多いですよね。

大型を多頭飼いする場合は場所と予算が無いと難しいでしょうが

小型犬の場合は結構高確率で多頭飼いされているような気がします。

うまく行っている家庭もあれば関係性がギクシャクしている家庭もあるようで

特に一番多いのが「弟か妹がいたら楽しいと思ってもう1頭迎えたが上の子がおかしくなった」

というケースです。

人間の子供も下が出来てうれしいタイプと下が出来ると焦るタイプというのがいるように

犬にも性格により、下が出来てプラスになる子とマイナスになる子がいます。

マイナスになる場合はすさまじく、ごはん食べない、散歩行かないと一気に鬱になる子もいます。

行動学でこれを「絶望化」というのですが、生きる気力を失う状態です。

なぜ、このような状態になるのかと言えば、犬は人間以上に群れを重んじる生き物だからです。

同居犬との関係性

ボスが重要なのではなく群れを守るためにボスが必要であるかのように犬は何よりも群れを大切にします。

しかも群れの中で自分がどういう立場なのかということも気にします。

これが「階級意識」というものでパピークラスのトレーニング等を受けられた方は聞いたことがあるかもしれません。

出来れば上に立ちたい。

というより頼りない存在を上に置いておきたくない。

というのが主な考えで、自分より遥かに頼りになるものがいれば犬は無理をしないで、そのものに立場を譲るのです。

そうやって群れの中での順位を犬なりに形成して犬は暮らしています。

犬とのかかわり方に限らず人との関わり方も見て犬は勢力図を頭の中で描いているのです。

そして、晴れて勢力図が完成されて平穏な暮らしをしている中、全くの知らない犬が家族に入るわけです。

階級意識を気にする犬からしてみればこれは一大事で、気が気ではありません。

しかも、相手がパピーならば手間がかかるのは仕方ないこと。

ですが、前からいた犬にしてみれば、群れの関心がその犬に移行したことになるわけです。

そうなれば、自分が群れから疎外されたような気になり生命の危機を覚える訳ですね。

そこから更に性格で分岐していきます。

先程お伝えしたように「何事にも無力になる」タイプもいますし

逆に「何とかして気を引こうとするタイプ」もいます。

おしっこを漏らす様になったり、吠えて要求するようになったり

今までしなかった事をやり始めたりする事もあります。

犬からしてみれば群れに残れるか除外されるかの瀬戸際なので必死な子もいます。

無気力になる子は愛情が自分に向けられなくなったことへのショックが大きな原因でしょう。

今まで特に何することもなく愛情を受けていたものが急に自分から注目がなくなればショックを受けるのは人間も変わらないはずです。

そのうえ、今まで無条件で愛を受けていたためどうすれば自分に振り向いてくれるかわからないので「逃げ場がなくなる」のですね。

騒ぎ始める子の方がどうすればいいのか考えてる分まだ望みはありそうです。

犬のトレーニング

完全無力になった子はトレーニングでも改善はかなり厳しく、時間を要します。

まぁ早くて半年、時間がかかれば何年単位かかることもあるでしょう。

心のケアなので早く改善する手はありません。

むしろ傷ついた心は長い目でみてゆっくり改善していった方が良いです。

人間と犬では家族の重みが違うという事を飼い主さんは考えていかなくてはなりません。

次回はこの続きです。

お楽しみに!


2016年06月28日 [トレーニング]
犬のしつけならば犬竹

こんばんわ!犬竹-kentiku-坂本です。

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

Facebookアカウントはこちら

読む前にクリックおねがいします!


子供の頃好き嫌いが多かった方は多いでしょう。

いや、今も苦手なものがあるという大人も方も多いはずです。

私は「トマト」「かぼちゃ」「くわい」が嫌いです。

あとれんこんと数の子となすとだいこんとニンジンと牛肉と・・・etc



そんな好き嫌いが多い子供に無理やりものを食べさせたり、食べきるまで監視してる。

というのも昔の小学校では良くありましたね。

私は嫌いなものは多いですが、残さないという特技があるため(無理なものも一部ある)この罰は喰らったことが無いのですが

周りの友達は泣きながらほうれん草を食べていたのは記憶にあります。

先日こんなブログを見つけたので紹介します。

「ごはんは残してもいい」残さず食べるより偉いこと

なんとも批判を受けそうなタイトルです(笑)

ごはんを残して良いというのは犠牲になった生き物に対して失礼極まりないので、残して良いは

良くないと思いますがこの内容を読んで私が思ったことは「しつけは余裕が大切なんだなー」ということ。

これはドッグトレーニングでも重要なテクニックである「逃げ道」をあえて作るという方法です。

あまりカツカツにトレーニングプランを組んで「完璧な私の愛犬にするぞ!」

意気込むとほぼ失敗します。

それは、犬に対して大きすぎるプレッシャーを背負わせていることに原因があるのです。

「こうしなければ」

「こうならなければ」


親である飼い主さんが気負えば気負うほど犬には無理なプレッシャーがかかり過ぎて

成長が大きく鈍ったり、現状より悪化してしまう事も多々あります。

まじめな飼い主さんは「この子がこんなに悪い子になったのは私のせいだ」とか

「この子を変えられるは私だけなんだ。どうにかしなきゃ」とかすごい使命感を感じてしまう方が多くいらっしゃいます。

どこぞの外人が「悪い犬はいない!悪いのは飼い主だ!」

と何とも動物慈愛精神に満ち溢れたお言葉を残されたせいで上記のような飼い主さんは案外多いのです。

心に余裕を持ちましょう

たしかに、犬の問題行動の悪化の原因は人間の習慣に大きく左右されます。

ですが人も生き物ですが犬も生き物です。

善悪の区別は人間よりアバウトなのかもしれませんが、犬の「悪意」というものは確実にあるのです。

それなのに、全部人間にせいにしてしまうのはどうにもひどい気がするのです。

人が悪いところがあれば、犬が悪いところもある。

お互いの悪いところを直していけばいいのに、全部片方のせいだと思うのは人間ならではなのでしょうか。

なので、全て自分が悪いと考えているのならばそれは間違いです。

理解できないこの子が悪い。

とたまには自分勝手な思いがあっても良いのです。

実は、犬の方もわかってるけどやらないというのも多々ある事です。

分かってるけどやらないのはどう考えても犬が悪いですよね。

しかし、犬は言葉を喋るわけではないので飼い主さんでは何がわざとで何が分からないのかが分からないはずです。

だから本来はトレーナー、訓練士がサポートするのですがそのトレーナー、訓練士が全部飼い主のせいにしていたのでは

本末転倒、笑い話にもなりません。


「全部食べ無くても大丈夫なんだよ」というのは嫌いなら残してしまえ!

ということではなく好き嫌いをなくそうとする大人が変に背負いすぎないようにする考え方なのですね。

大人が変に気負わなければ子供の気が軽くなって苦手なものも食べてみようと思うかもしれません。

しつけも同じように自分ばかりが背負いすぎないように、たまには犬のせいにして、家族のせいにして

「心の余裕」を人持つこと、それこそが「犬の心の余裕」を作ることになるのだと思います。

因みに言っておきますが、余裕を持ちすぎて問題行動を放置する飼い主さんにかならないようにしてくださいね!

では、また次回。

2016年06月26日 [トレーニング]
川崎市の犬のしつけ

こんばんわ!犬竹-kentiku-坂本です。

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

Facebookアカウントはこちら

読む前にクリックおねがいします!


今の社会はストレス社会と呼ばれています。

仕事

友人

家族

恋愛

なにをするにもストレスはついて回ります。

私は、予定表を作るのが好きなので毎日自分のやることを予定表にしているのですが

多少でもずれると多大なストレスを感じます。

だから渋滞が嫌いです。

皆さまも生きている限り何かしらのストレスを感じると思いますが

じつはこのストレス悪いことだけでは無いのです。

http://www.yamato-gr.co.jp/ans/03-02/index.html

上のリンクでも記載されているように、プレッシャーというストレスは生き物に有益なことが多いのです。

メリハリある生活とでもいいましょうか?

確かに、上司から毎日嫌味を言われ続ければイライラしますが逆に「君、今日から何もしなくていいから」

と言われるのも怖いですよね。

何もしなくても、給料がもらえるなんてラッキーと思うのは最初だけ窓際族でイキイキしてる人は余程神経が太い方でしょう。

捉え方としては上司からの小言も自分への期待だと受け取ればそれは良いプレッシャーになるわけです。

そして、それは犬にも同じ事。

幸せを感じていくには、犬にもプレッシャーが必要不可欠になります。

野生のオオカミは自分の子供が生まれたらあえて大人のオスオオカミの群れに放り出してストレスを与えるそうです。

オスのオオカミは子供を見ると軽く体を咬んでみたり、押しつぶしてみたりしてあえて子供にストレスを与えていきます。

その、ストレスが脳に活性を与えるのだと説明する専門家もいます。

確かに、一見ストレスが無くわがまま放題に育った犬は辛抱が無いのでトレーニングで躓く事が多くあります。

なんと言えばいいのかわかりませんが、心が成長していないというか・・・

トレーニングの面だけでなく他の犬との関係性や人間に対しての態度なども仔犬の頃からおうちでぬくぬく育った子は

少し特殊な付き合い方をします。

相手の心が分からないのか、自分本位なのです。

遊ぶ時も自分が一番でなければ気が済まないような。

仔犬の頃はみんなそういう時期がありますがそこで我慢や叱られるなどのストレスを感じさせれば

成犬になった後は、中々立派な成犬になっているような気がします。

叱っても聞かないやわからずやは飼い主さんとの関係性もありますが、小さなころに受けたストレスにも関係しているのかもしれません。

叱らないで褒めて伸ばすトレーニングが日本では受けが良いようですが、吠えても叱らない。

咬んでも叱らない。

引っ張っても、他人に迷惑をかけても叱らない。

では、健全なストレスを与える事が出来なくなってしまします。

遊んであげない、散歩に行かない、構ってもあげない。

これが本当の悪いストレスです。

叱るやプレッシャーを与えるのは悪いストレスではないので嫌われちゃう等の余計な心配をしているのなら問題はありません。

しっかり叱り、しっかり褒めて適度なストレスで健全な精神と体を培ってあげてくださいね!

それでは、また次回。

このページの先頭に戻る