2016年09月 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年09月29日 [トレーニング]
川崎市 多摩区 犬のしつけ

こんばんは!犬竹-kentiku-坂本です。

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

Facebookアカウントはこちら

読む前にクリックおねがいします!


みなさんしつけの基本って何だと思いますか?

おすわり?

ふせ?

お手?

アイコンタクト?

いえいえ。

じつは上記にあげたものは「最優先」ではありません。

一番大切なものは「遊び」です

なんどかブログでも取り上げてきたものですが犬竹の基本理念の一つでもあるので・・・(笑)

オビディエンスは問題行動を改善するためのトレーニングではありません。

もっと愛犬といろんなことがしたいなぁー!

と思ったら「おすわり」や「ふせ」「ついて」を始めればいいんです。

「まて」と「おいで」は重要ですけど他のオビは後回しで十分。

まず、自分が愛犬としっかり遊べているのか?

ここをばっちり確認しましょう。

ボール投げ

引っ張り合い

フリスビー

プロレスごっこ

なんでもいいです。

犬と「一緒に」遊んでますか?

どのご家庭でも圧倒的に多いのは「一人遊び」

ぬいぐるを噛んでるだけ

ロープを一頭で振り回してるだけ

その遊びに人は入っていますか?

一人遊びもできる子は楽ですが人と遊べないとしつけもうまく行きません

そもそも、犬というのは人と作業をするという目的で生まれました。

日本で人気のあるプードル、ダックスは勿論。

あこがれのある方も多いコリーやボーダー、ゴールデン、ラブラドール

皆、皆「作業犬」です。

人と何かを成し遂げる事に最高の喜びを感じるのが「犬」という生き物です。

決して「癒し」を与えるのだけが仕事ではないのです。

でも、一般家庭で狩猟やら羊飼いでもないのに広い敷地に沢山の羊を飼育するなんて無謀ですよね。

私も当然出来ません(笑)

問題行動の改善方法は現在の日本ではほとんどがまずは「リラックスポジション」からはいり

「アイコンタクト」「おすわり」などなどオビディエンスにはいります。

人間で考えてみてください。

小さい頃から専門の家庭教師をつけて勉強ばかり教えられて、友達との交流は無駄!

漫画もゲームも無駄!勉強だけしてなさい!

良い点数取れたら好きなもの買ってあげるわよー

この方法でまともな人格が出来上がるとは私は到底思えません。

みなさんもこの方法を見てどう思いますか?

これで立派な大人になれますか?

今、ほとんどのしつけ教室がこの様なやり方で犬をしつけています。

TVでも同じですね。

オビディエンスを教え込まれて出来たらおやつ。

人の体に乗ってはいけない。

ベッドに上がってはいけない。

人より先にご飯を食べてはならない。

上手にできたらおやつ。

肝心の飼い主さんは散歩も行かない。

遊んでもくれない。

たまに遊んでくれても遊び方を知らないから楽しくない。

どのしつけ教室もトレーナー育成機関も「遊び方」をほとんど教えてくれません。

好きなおやつや好きなおもちゃのランクなんて考えなくていいんです。

ゴミ屑みたい布の切れ端でも遊び方を知れば最高のおもちゃになるんですから。



関西にあるUCHIYAさんとのコラボ動画ですが「遊びで問題行動を改善しよう!」というのをテーマでやっています。

動画作成アップロードは犬竹の仕事なんでよろしければチャンネル登録して頂ければ!

いろんなものにチャレンジして人も一緒に楽しみましょう!

また次回もお楽しみに。

あなたの一つ一つの行動が犬に影響を与えて信頼や不信感を作るのです。

犬との良い関係を作りたければしつけの方法に固執してはいけません。

自分の行動を見直すのをおすすめします。

犬竹ーkentiku-ではそのお手伝いをさせていただきます。

使い古された英国式、欧米式とは違うトレーニングを是非ご体験下さい。

お問い合わせ・申し込み


2016年09月27日 [犬の豆知識]
見てるとホントに泣けてくる

こんばんは!犬竹-kentiku-坂本です。

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

Facebookアカウントはこちら

読む前にクリックおねがいします!


夏もほぼ終わりましたね。

過ごしやすい時期は一瞬で過ぎ暑い次は寒いがきます。

私の大好きな秋はいつの間にか消滅したようです。

本日は夏も終わったので、夏のおさらいという事で「サマーカット」をもう一度一緒に復習しましょう。

詳しくはこちらの記事でご確認いただくとして
「トリミング時は注意!実は危険!丸坊主カット」

こんな反論を頂きました。

「最近は犬は室内がほとんど、運動するにしたって夕方以降だから丸刈りでも関係ない」

まぁこれは微妙な知り合いのトリマーに言われたんですけど、犬を飼ったことのない人間が言うことは怖いですね。

「そんな事が平気で言えるからお前んとこのサロン流行らねーんだよ」
注:実際はもう少しマイルドですが少し頭に来たのでもしかしたらこのまま言ってたかもしれません。

てっ言い返したら泣き出して音信不通です(笑)

お留守中の犬の行動

なぜ私はここまで「犬の毛の丸刈りはしてはいけない」にこだわるのか?

それは犬の生態が人間の予想を超える事が多々あるからです。

なんでそんな事してんの?と思う事がほんとに多い。

その例として

お留守番してもらってる犬達は何をしているのでしょうか?

実はほとんど寝てます。

8割以上寝てます。

しかもどこで寝ているかご存知ですか?

ハウス?

ベッド?

廊下?

いえ、いえ。

全部の犬がそうではないのですが、実はカーテンの中で寝てる子がいます。

「あっうちの子そうかも!」

って思った方ももしかしたら多いかもしれませんね。

意外や意外、滅茶苦茶暑い夏でもわざわざカーテンの中に入って「ハァハァ」言いながら

日光浴している犬達がいます。

ドM説

体内時計調整説

あほな子説

様々な説がありますが、犬に聞いてみないと分かりませんね。

でもわざわざ日光に当たりに行く犬は多いのは事実です。

いくら室内で飼っていても日光に当たりに行けば外出してるのとあまり変わりません。

大きく変わるところは「任意のタイミングで日陰に避難できる」ところでしょうか?

流石に我慢の限界が来れば日陰に行きますのでご心配なく。

なので、いくら室内メインでも丸刈りは危ないのです。

毛がめんどいなら「スムース」という種類もいますのでそちらを検討ください。

年中丸刈りみたいなもんですから。

また、丸刈りをすると毛質が変化することがあります。

換毛タイミングがずれたりする原因になったりするのでちゃんとその犬種本来の毛の長さを心がけましょう。

トイプードル、シュナウザー、ビション等カットが醍醐味な犬種もいますが毛で遊ぶのは程々に。

毎日5分でもいいのでお手入れは欠かさずに!

お手入れは愛情を与える手段の中でも重要なのをお忘れなく。

また次回もお楽しみに!

あなたの一つ一つの行動が犬に影響を与えて信頼や不信感を作るのです。

犬との良い関係を作りたければしつけの方法に固執してはいけません。

自分の行動を見直すのをおすすめします。

犬竹ーkentiku-ではそのお手伝いをさせていただきます。

使い古された英国式、欧米式とは違うトレーニングを是非ご体験下さい。

お問い合わせ・申し込み



2016年09月25日 [犬の豆知識]
囚われのプリンス?

こんにちは!犬竹-kentiku-坂本です。

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

Facebookアカウントはこちら

読む前にクリックおねがいします!


多くのディズニー作品ではお城に囚われてお外にも行けずに退屈な毎日を送るお姫様が描かれます。

白雪姫は出れてるみたいだけど

アラジンのジャスミンや人魚姫のアリエル等など外の世界にあこがれを抱いて姫でいる事に不満があるのも共通です。

眠り姫に関してはずっと寝てるし。

社会に疲れた私たちからみれば「公認ニート」は何とも魅了的ですが本人達からしてみればストレスもかかるでしょう。

ですが日本ではこの様なお姫様、王子様問題を抱えた犬が多いことにお気づきでしょうか?

一生外に出れない生活が幸せなのか?

チワワ、トイプードル、ダックスフント等日本では小型犬が主流です。

犬飼いの半分以上は小型でしょう。たぶん。

ですが購入、譲渡される時こんな事言われて飼うことを決意した方はいませんか?

「小型犬なので運動は室内で十分で一人暮らしにも飼いやすいですよ!」

おぉ・・・・・・


これで納得出来たならまだ犬を飼うべきではないのでしょう。

自分に置き換えて考えてみましょう。

生まれてから食べ物もお風呂も寝るところも困らず週に何度かお手伝いさんが話し相手になってくれる。

ただ、住んでいるところは全てのドアに鍵がかけられていて、外に出た事は一度もない。

出れてもお庭くらい。

町の様子どころか話し相手のお手伝いさんしか他に知っている人間はいない。


これ幸せですか?

「最高じゃん!!」

と思ったあなたは社会に疲れているんです。休んでください。

散歩されない犬というのはまさに囚われのプリンセスもしくはプリンス。

おうちの中から出さないのは最大級の虐待の一つです。

犬が外に出なければならない理由は、運動だけではありません。

犬の散歩には「交流」も含まれているからです。

散歩道で人にも犬に合わなくても「交流」は行われています。

それが匂い嗅ぎという訳です。

詳しくはこの記事で「散歩の目的は運動だけではない?その意外な理由」

ですので極少ミニマムの犬でも「散歩」はばっちり必ずしてあげましょう。

したくない、出来ないならばDSのソフトで我慢しましょう(笑)

散歩嫌いな子の場合

外に出るとおびえる。

知らない人に吠える。

等、散歩が好きではない子もいます。

上記の2つの場合「慣れ」ていないだけの可能性もあるので

トレーニングで改善出来る場合があります。

是非ご相談を。

しかし稀に「外出ると震えが止まらない」「嘔吐する」「下痢になる」

のような明らかに強いストレスがかかり過ぎている場合も見受けられます。

その際は、散歩は控えましょう。

それは外が嫌いというよりも「精神的な病気」です。

症状、原因などを良くプロと相談して今後を決めていきましょう。
(上記の全てが精神病ではないのであしからず)

何はともあれ「散歩」は「食事」より必須のものです。

「食事」は犬の場合、何日か食べられなくてもストレスにはなりません。

しかし「散歩」は怠ると精神的負担が想像より強いので、そのまま問題行動に直結していくパターンがあります。

実際、毎日2回・30分散歩するようになったら吠えが無くなったケースも経験してます。

「運動」「交流」が犬のストレスを最小限にする秘訣なので必ずさせてあげましょう。

変な制限やオビディエンスをしなくても問題行動は改善できます。

「遊んで」「運動して」理想のドッグライフを!

また次回もお楽しみに!

あなたの一つ一つの行動が犬に影響を与えて信頼や不信感を作るのです。

犬との良い関係を作りたければしつけの方法に固執してはいけません。

自分の行動を見直すのをおすすめします。

犬竹ーkentiku-ではそのお手伝いをさせていただきます。

使い古された英国式、欧米式とは違うトレーニングを是非ご体験下さい。

お問い合わせ・申し込み



このページの先頭に戻る