2016年11月15日 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年11月15日 [トレーニング]
分離不安を解決しよう

こんにちは!犬竹-kentiku-坂本です。

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

↓イイネを押すと最新の更新記事が受け取れます!
Facebookアカウントはこちら

読む前にクリックおねがいします!


前回はこちらから

分離不安にも色々なタイプがある事を前回の記事でお分かりいただけたと思います。

一口に分離不安を失くすと言ってもそのタイプが分からなければ解決方法もわからない訳です。

今回はタイプ別に改善方法を簡単にまとめてみました。

俺も連れてけよー!お前らだけ楽しんでんなよー!!

出かけるのが楽しい事だと思いこんでるタイプですね。

詳しくは前回を参照ください。

優先順位が「遊ぶ」が最も高いので叱ってもあまり意味がありません。

そこで活躍するのが「知育グッズ」

様々な知育グッズが売られているので探してみましょう。

おススメなのは中に何か詰められるタイプ。

詰め方次第では何時間でも咬んで遊んでられるおもちゃになります。

出かけるときにはその知育グッズをポイっと投げ込んで人はさっさと出かけます。

出かける前の準備から鳴き続ける子も居ますが鳴き始める手前から投げておいて

鳴かせない習慣を作るのも大事です。

何回か繰り返していけば出かける準備が犬からしてみれば

楽しいおもちゃを投げ込んでくれる前段階。

という風に感じてもらえるので繰り返し練習します。

おい!貴様!群から離れるな!死にたいのか!?

詳しくは前回

ここから難易度は急上昇します。

飼い主さんでは手に負えない事が多いのでトレーナーさんと共にトレーニングしましょう。
お問い合わせ

分離不安での鳴きに重点を置いてトレーニングするのではなく普段の生活態度を変化させなければ

このタイプが鳴きやむことは少ないでしょう。

一般的に言うお出かけ前に声をかけないや普段から1頭の時間を作るという

トレーニングはこのタイプの子に当てはまるやり方です。

ですがそれより大切なのは普段の態度。

マテなど基本的な動作はしっかりあなたの指示で入りますか?

出来ていてもごはんの前やおやつがあると出来るというのは無しですよ。

何もない状態でも指示がきちんと聞いてくれるようならばこの問題行動は気づけば改善されてるはずです。

正に王道トレーニング方法が効果的な性格という訳ですね。

ですが時間はそれなりにかかりますし飼い主さんも勉強していく必要は大いにあります。

最初に言うように何かを投げ入れて終わりにはならないのでばっちり向き合い方を学んでいきましょう、

私を一人にしないで!ボスから離れたくない!

このタイプは非常に厄介です。

詳しくは前回を参照

なぜなら飼い主の事を馬鹿にしてるわけでなく、心底悲しいと思ってるからです。

そういうタイプに叱ったりすれば更に不安を煽りますし

おもちゃを入れてもそれどころではないはずです。

こういうタイプの子にはきちんと留守番をするだけなのだと分からせるようにします。

最初から何時間も長い間の留守番は無理でしょうから

初めは30分程度や10分程度でも構いません。

そこから練習してきちんと帰ってくることを理解させていくという事で改善が図れるかもしれません。

留守に行くときもこのタイプには「留守番しててね」というように声をかけた方が良い場合もあります。

捨てる訳ではない。

それを理解させるために繰り返して練習します。

全体的に通して大事な事

犬のしつけは人間の子供のしつけと大部分は似ています。

ですが問題犬になってしまうのは人が「犬だから仕方ない」

というあきらめに逃げているからです。

犬が長い事人のパートナーとして側にいれたのは他の動物にはない

圧倒的な社会性のおかげです。

教えれば教えただけ犬は覚えます。

ただそれに個体差があるだけです。

また褒める・叱るも大切なのですが「遊ぶ」という事もとてつもなく重要です。

一人遊びさせるのが楽だから放置していませんか?

可愛がると遊ぶは違いますよ。

遊ぶびと人からの信頼が犬を育てるのです。

あなたの一つ一つの行動が犬に影響を与えて信頼や不信感を作るのです。

犬との良い関係を作りたければしつけの方法に固執してはいけません。

自分の行動を見直すのをおすすめします。

犬竹ーkentiku-ではそのお手伝いをさせていただきます。

使い古された英国式、欧米式とは違うトレーニングを是非ご体験下さい。

お問い合わせ

しつけについて
犬の豆知識
犬を飼う前

「預け型より出張型の方が改善が早い訳」



このページの先頭に戻る