犬が良くなる精神病「分離不安症」 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年11月12日 [犬の豆知識]

犬が良くなる精神病「分離不安症」

かなり多い犬の精神の病

こんにちは!犬竹-kentiku-坂本です。

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

↓イイネを押すと最新の更新記事が受け取れます!
Facebookアカウントはこちら

読む前にクリックおねがいします!


精神病というのは他人から見れば「甘え」の様で理解されない事が多いです。

ですが精神病は肉体の病気より本人を苦しめている事が多いので

周りの家族はそれを知っておく必要があります。

本日のテーマは「分離不安」

犬には非常に多い病気

犬は群れで生きる生き物です。

群れから離れるというのは犬からしてみれば死活問題であり、群れから離れるという事は普通しません。

なので飼い主が仕事に行く際自分から離れるという事は犬からしてみれば不可解極まりない。

という状態なのです。

なので飼い主が出かけるときに追いかけたり「ピーピー」鳴く程度の事は犬としては当然。

何回か経験させると慣れて鳴かなくなるようになっていきます。

ですが、どの犬も皆そのようになるとは限りません。

中にはそれがどうしても理解出来ない子も多い訳です。

外出する際に鼻を鳴らす音で鳴くならまだ良いですが

大音量で遠吠えしたりギャンギャン鳴き叫ぶようならそれはもう立派な「精神病」です。

分離不安は非常に多いお悩みです。

ですがそれを問題視」していない飼い主さんが多いのもまた事実で

他のお悩みのついでに分離不安の相談をされたり、こちらからお伺いして初めて分離不安を知る

飼い主さんも多いです。

分離不安がおこる原因としては、犬の生態上仕方ないことなのですが

分離不安にもタイプがあります。

その対応を3つに分けてみました。

俺も連れてけよー!お前らだけ楽しんでんなよー!!

わらわら ゴールデン

すさまじい勘違い犬

代わりに仕事に行ってくれるなら行ってほしい・・・・

出かける=楽しい事

と認識しているタイプです。

レトリーバー犬種はこれが多いかもしれません。

散歩に行くのにも吠えまくって大騒ぎしている延長戦です。

諦めきれずにずーーーーーと鳴いてるのもこういうタイプに多いですね。

ドックホテルも難しく1日程で迎えに来てくださいコールされることもあります。

ですが症状はマイナスではなくプラスからきているので改善は早く見込めるようです。

一度理解すれば大人しく待てる子です。

ですが放置し過ぎるとそれが癖になり抜けなくなる事もありますよ。

病み度☆

おい!貴様!群から離れるな!死にたいのか!?

犬のトレーニング

これは自分がボスだと思ってる状態です。

柴犬やコーギー等の犬種はこちらのタイプが多いです。

ボスである自分から離れるなど言語道断!

自ら死にに行く部下の行動に理解不能で精神状態に異常を起こした将軍様です。

他にも問題行動があってついでに出かけるときギャンギャン吠えるんです。

という時は9割このタイプ。

場所に対して自分の群れを見出してるため

ドックホテルは案外大丈夫。

知らない場所に預けると借りてきた猫のごとく静かになります。

この場合は犬ですが・・・・

ですがこの思いこみは犬も人も良い結果にはならないものです。

至急関係性を修復する必要があります。

病み度☆☆☆

私を一人にしないで!ボスから離れたくない!

05_06

留守=群れから捨てられた。

という判断をするタイプの子です。

自分の居場所を場所でなく人で判断する性格です。

トイプードル、チワワ等が多いように感じます

こういうタイプは普段はすごくいい子で飼い主に忠実。

特に困る問題行動も起こさない。

だけどお留守番が出来ない・・・・

という感じです。

自分の敬愛するボスがどこかに行ってしまう。

それは自分が群れから除外されたという意味で

言って見れば「死刑宣告」に近い状態です。

ひどい子は留守番中にストレスで自分の爪をかみ砕く子もいます。

当然ドッグホテルには預けれれません。

自分に何かあった時にかなり困るパターンです。

病み度☆☆☆☆☆

近所迷惑なだけでなく犬自身の寿命にも・・・

ストレスで吠え続けるのは近所迷惑もそうですが犬の心身の負担になります。

そうならないためにも「分離不安」は改善必須の項目です。

次回は肝心な「分離不安の改善方法」です。

「預け型より出張型の方が改善が早い訳」

しつけについて
犬の豆知識
犬を飼う前


あなたの一つ一つの行動が犬に影響を与えて信頼や不信感を作るのです。

犬との良い関係を作りたければしつけの方法に固執してはいけません。

自分の行動を見直すのをおすすめします。

犬竹ーkentiku-ではそのお手伝いをさせていただきます。

使い古された英国式、欧米式とは違うトレーニングを是非ご体験下さい。

お問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る