首輪が抜けた!?庭から脱走!?犬が逃げた時に思い出してほしい事 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年11月26日 [犬の豆知識]

首輪が抜けた!?庭から脱走!?犬が逃げた時に思い出してほしい事

犬 脱走

こんばんわ!犬竹-kentiku-坂本です。

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

↓イイネを押すと最新の更新記事が受け取れます!
Facebookアカウントはこちら

読む前にクリックおねがいします!


都会ではそうあまりないですが川崎ではまだまだ犬をノーリードで散歩したり

扉あけっぱなしの庭で犬を飼っていたりというところが多いです。

海外と日本は敷地が違いますからいぬのしつけどうこう以前の問題があるので

ノーリードでのお散歩はやめましょう。

犬が苦手な人から見たらかなり怖いです。

今日はノーリードにしてないけど首輪が抜けて脱走した!

庭で遊んでたらどこかに走っていってしまった!

という時の犬が脱走したときに覚えておいてもらいたいことです。

逃げたら追いかけてはいけない

逃げたら反射的に追いかけてしまいますよね。

そりゃ誰だってそうだ。

追いかけた方がいいパターンももちろんありますが

追いかけられているのが遊びに感じている犬の場合は

追いかけないほうが良いです。

ある程度逃げてこっちをちらちら見ていたら

それは「おちょくられ」ています。

完全に遊びだと思われているのですね。

そうなると犬が飽きるまで捕まりません。

人間の身体能力で犬に追いつくなどは無謀です。

家庭犬でもそんなどんくさい子はあまりいません。
(リードが抜けてもボーッとしてる子もいますが・・・・)

走って追いつきそうになるとまたスピードをあげられて

小道に入られて気づけば背後にいる。

人間が必死になればなるほど犬は面白いのです。

なので逃げた時にもう勝手に行けば?

という態度をとるとつまらなくなって動かなくなる子もいます

反応があるから楽しくてやめられないという事も多くあるという事は覚えておくといいですね。

道路があるところでは出来ない

ひっくり返す事で信頼性は生まれない

でもそんな事してたら車にひかれちゃう・・・・

そうですね。

日本は非常に狭い国ですし特に東京や神奈川は人口が集中してます。

そんな傍観していては近いうちに事故になるでしょう。

だから普段のお散歩ではこの方法は試せません。

「え?じゃあ役に立たない情報じゃん!」

そう思われた方もいるかもしれませんが

しつけとは何なのか思い出しましょう。

しつけは機械にプログラムを打ち込むことではありません

日ごろの行いを習慣としていく事です。

フリーにしても大丈夫な所。

あるはずです。

そう「ドッグラン」というところが。

ドッグランで練習しよう

04_01

ドッグランで帰りたいのに捕まえられない。

という経験はありませんか?

ドッグランで見てると

帰りたい飼い主VS帰りたくない犬

が行われてる事もよくあります。

大概の飼い主さんは捕まえようと努力しますが

先程お伝えしたように犬の身体能力に勝てる訳がないのです。

なので帰るときに冒頭で書いたように「もう相手にしません」戦法をとると

うまく行く子もいます。

それを繰り返していくと気づけばリードをもてば自分から戻ってくる。

そんな習慣が身に付けばとても楽ちんですね。


ただし犬の性格は犬それぞれ。

ドッグランでは素直に戻るけど逃走したら戻ってこない子

ドッグランでは遊ばない子

近所にドッグランがない方

そもそも逃げたら止まる気配が無い子


そういう子にはこの手のやり方は試しようがないです。

一番は抜けないように首輪を確認する事。

逃げてもどこかに行かないように普段のしつけはやって置く事

ですが予備知識で今回の事も覚えておいてくださいね。

あなたの一つ一つの行動が犬に影響を与えて信頼や不信感を作るのです。

犬との良い関係を作りたければしつけの方法に固執してはいけません。

自分の行動を見直すのをおすすめします。

犬竹ーkentiku-ではそのお手伝いをさせていただきます。

使い古された英国式、欧米式とは違うトレーニングを是非ご体験下さい。

お問い合わせ

しつけについて
犬の豆知識
犬を飼う前

「預け型より出張型の方が改善が早い訳」
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る