動画で学ぶ犬の正しいつかみ方 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年11月28日 [犬の豆知識]

動画で学ぶ犬の正しいつかみ方

こんな姿は理想・・・

こんにちは!犬竹-kentiku-坂本です。

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

↓イイネを押すと最新の更新記事が受け取れます!
Facebookアカウントはこちら

読む前にクリックおねがいします!


まずは、二つの動画を見てください。





この2つの動画に共通している所はなんでしょう?

ブログタイトルで予測すればわかりやすいかもしれません。

答え合わせはこの下




















正解は首をわしづかみにしている所です。

一見かわいそうな持ち方ですが

逃げ回る犬や咬みつく犬には

非常に有効なつかみ方で

犬の体にダメージが無い正しいつかみ方です。

犬の正しいつかみ方

多くの方は犬の「お腹」を抱えようとする持ち方をします。

ですが犬のお腹は急所です。

知らない人に触られるのを嫌う子も多くいます。

なのであまり知らない犬を抱くときは喉仏あたりに手のひらを当て

尻尾の付け根にもう片方の手のひらを当てて持ち上げ

滑らせるように手のひらを脇腹まで滑らせ、腕で後ろ足の土台を作り

胸を犬の背に当てて保定します。

文だと滅茶苦茶わかりにくいですね(笑)

しかし咬みついてくる犬や逃げ惑う犬には

そんな悠長な持ち方は出来ません


なので動画のような首をつかんで宙づりがベストな持ち方だと言えます。

1つ目の動画は犬が滅茶苦茶咬んでくるので首をつかんで

無理やり陸にあげてます。

思いっきり咬まれてますが諦めないところは素晴らしいです。

因みに服を着てないのはおっさんの趣味ではなく

水に落ちた際服を着ていると沈むので出来るだけ軽装をしているそうです。

まぁあんな氷の湖に落ちたらラバースーツじゃあないと逆に死にますからね。

犬が全く感謝しないで猛ダッシュで逃げてるのには笑いますが。

2つ目の動画は状態を見る限り抱えても大丈夫そうですが

万が一で首をつかんでるのかもしれません。

1つ目の動画の犬と違い「助けてくれるんだ」というのが

分かってるので幾分か楽ですね。

陸に返してもらった後はすごい感謝してるのが見て分かります。

こういうタイプが野良犬から飼い犬になるタイプなんでしょう。
(これが野良犬かは知りませんが)

首をつかめば暴れても歯が届きにくいので安全です。

犬の抱き方一つで安心感はまるで変わるので抱き方も学べると良いですね。


あなたの一つ一つの行動が犬に影響を与えて信頼や不信感を作るのです。

犬との良い関係を作りたければしつけの方法に固執してはいけません。

自分の行動を見直すのをおすすめします。

犬竹ーkentiku-ではそのお手伝いをさせていただきます。

使い古された英国式、欧米式とは違うトレーニングを是非ご体験下さい。

お問い合わせ

しつけについて
犬の豆知識
犬を飼う前

「預け型より出張型の方が改善が早い訳」
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る