おすわりやふせをする事がしつけではない - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年12月23日 [トレーニング]

おすわりやふせをする事がしつけではない

犬 おすわり

こんにちは!犬竹-kentiku-坂本です。

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

↓イイネを押すと最新の更新記事が受け取れます!
Facebookアカウントはこちら

読む前にクリックおねがいします!


犬の必須スキルとして良く「お手」や「おすわり」があげられます。

不思議な事に多くの飼い主さんは躍起になって「お手」を教えたがります。

しつけ教室でも「おすわり」や「ふせ」「まて」など基本的な動作を覚えてそれで卒業したり

いかにもトレーニングが出来てますよ。

という風に見せかけている所が多くあります。

でもこれが出来てたら完璧なのでしょうか?

吠えや咬みつき、引っ張り等が改善されるのでしょうか?

実のところしつけと言われても多くの飼い主さんは何をすればいいのかがわからないはずです。

なので関係に悩むと思います。

しつけとはそもそも何を教えるのでしょうか?

勉強が出来れば将来成功するとは限らない

いい学校に入っていい会社に入る

ひと昔前はこれが最高の人生だと言われていました。

この頃はどこも好景気で新入社員は女性なら容姿、男性なら学歴

を重視するという時代でしたね。

でも今は大きく変わり全く違うものになりました。

誰でも名前くらいは聞いたことのある企業から誰も知らないような小さな町工場も

求めるものは技術の高さや学歴ではなく「人間性」を求めるようになったのは

今就活している学生さんなら痛感してるのではないでしょうか?

職場で求められてる一番重要なスキルは「一緒に働いてて問題ないか?」

です。

仕事が出来ても鼻につく奴はどこも取ってくれません。

ある社長さんは「気の合う人が最終的に長く働いてくれるからそこを重視してる。仕事のスキルは後からでいい」

と言っていました。

そう、大切なのは人間性、人間味なのです。

そこは犬も同じです。

世界チャンピオンの犬の子なんて絶対飼いたくない

血統書にはどこどこでなんの賞を取った。

とか書いてある事があります。

これをベースに選ぶのはプロだけです。

一般家庭で飼育する予定の犬にこれが付いていても全くメリットはありません。

むしろデメリットです。

あなたが働く会社に海外でいくつもの賞をとって海外支社でも高く評価されてる

人が入ってきたらどう思いますか?

話しかけづらいですよね?

仲良くランチなんかいけそうにないですよね。

立ち食いソバやとかでなくランチ3500円とかする店に入って

ランチミーティングとか言い出しそうですよね。
(※個人的な主観と偏見による意見です)

そんな人の教育係を任されたらあなたは何から教えてあげますか?

競技会で評価されてるのは科目に対する技術点です。

決して全てにおいてパーフェクトだからではありません

その世界チャンピオンの子供とうまく暮らしていけるのはあなたも

それと同じ位の技術力があってこそです。

初めて犬を飼う人がそんな犬を飼ってしまえば大変です。

初めて飼うならばむしろほとんど動かない意欲性のない犬を飼う事をお勧めします。

しつけとは人間社会を教える事

チャンピオン犬の子がダメだということではありません。

チャンピオンの系統は形が綺麗だったり物分かりが良かったり良いこともあります。

でも大切なのは仕事が出来るという事ではなく

自分が置かれている立場を理解して立ち振る舞える事です。

良く耳にするのが「犬だから仕方ないよね」「本能だからね」

飼い主さんに限らずプロでもこれを言い訳にします。

そりゃ犬だから何も教えなければ犬の常識に基づいた行動をとりますよね。

マーキングだって、吠えだって、咬みつきだって犬からしたら常識です。

先程例に出した海外の優秀な社員にはまず何を教えたらいいのでしょう?

海外には海外の常識があるからね。

みんな彼に合わせてあげよう。




これでみんながうまく行く部署が出来ると思いますか?

まずはこの会社の常識を教えてみんなと打ち解ける事が出来るようにするのが

教育係の仕事であり上司があなたに求めている事のはずです。

ランチミーティングはうちでは一般的でないからみんなではなまるうどんでも食べに行こうよ

とか

定時に帰れないこともあるけど日本では多くの会社がそうだからここは一緒に頑張ろうよ

とか

面倒かも知れないけどたまには部長と飲みに行ってあげようよ

など

あなたの会社でうまくやっていく方法なら先輩のあなたの方が知っているはずです。

犬も同じです。

犬の本能や習性は犬が一番知っています。

それに合わせていれば犬はこの家庭が犬の世界の常識で動いているのだと感じます。

でもそれで幸せな家庭が築けると思いますか?

実際生きているのは人間社会ですよね。

おすわりやふせは犬の本能として元々出来ます。

それをトレーニングの中で声に反応するようにさせてるだけです。

基本的なトレーニングも大切ですが

まず人間のあなたが出来ることは人間社会のルールを教える事ではないでしょうか?

だって人間社会の事は人間である私たちが一番知ってますよね。

しつけって実はそんな単純な事なんです。



あなたの一つ一つの行動が犬に影響を与えて信頼や不信感を作るのです。

犬との良い関係を作りたければしつけの方法に固執してはいけません。

自分の行動を見直す事が正しい犬のしつけなのです。

川崎市の犬竹ーkentiku-ではそのお手伝いをさせていただきます。

使い古された英国式、欧米式とは違うトレーニングを是非ご体験下さい。

お問い合わせ

しつけについて
犬の豆知識
犬を飼う前

「預け型より出張型の方が改善が早い訳」
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る