他の犬とあいさつが出来ないのは何故? - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2017年01月05日 [トレーニング]

他の犬とあいさつが出来ないのは何故?

犬のあいさつのイロハ

こんにちは!犬竹-kentiku-坂本です。

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

↓イイネを押すと最新の更新記事が受け取れます!
Facebookアカウントはこちら

読む前にクリックおねがいします!


「うちの子ドッグランに行っても全然他の子に興味なくて」

「○○ちゃん見たいに他の事遊ばないんですよ」


犬友が多い飼い主さんは良く他の犬と自分の犬とを合わせる機会が多いので

このような質問は多いです。

他の犬と触れ合う機会がないワンちゃんからしてみればうらやましい経験かもしれませんが

「他の子と遊ばない」

というのは意外に深刻に悩んでる飼い主さんもいます。

他の犬と遊ばない事はそんなに異常なことなのでしょうか?

今日は犬のあいさつの話

へい!彼女!お茶しなーい?

街中を歩いていると

いきなり「その服いいね!可愛いよ!暇ならカフェとか行かない?」

と聞かれても大半の人は怪しいと思い避けますよね。

ほいほい付いていくいくという人は考えを改めた方が身のためでしょう。

私は男なのでナンパされたことはありませんが

良くナンパされるという方は心底迷惑でしょう。



あぁ・・・宗教の勧誘なら良くされるわ・・・・・

実はこれは犬の世界でも同じで

「通常成犬は知らない成犬と無邪気に遊びまわる事はしません」

仔犬のうちなら他の犬が気になる。

という動作はよく見ますが成犬になれば人間同様に

知らない成犬には極力関わろうとはしません。

なので

「2歳あたりから急に他の犬に興味がなくなって私から離れない」

というのは至極全うな犬の反応なのでしつけをする必要はありません。

では、成犬になっても犬と遊びかだる子は異常なのでしょうか?

実はそうとも限りません。

簡単に言えば今までの経験と根の性格によって

変わるためどちらになっても性格に異常があるわけではないのです。

周りの事と違う。

というのは当たり前です。

みんな違うから性格なのです。

同じ犬種だから同じとかならそれは生き物でなく機械です。

なので

あまり遊ばない

他の犬をみるとすぐに遊びに誘う


どちらでもその子の性格なので大切にしてあげてください。

ですが

やたらめったら犬と遊び方がる子は飼い主さんが大変かもしれません。

また「挨拶」の仕方を間違えると事故に繋がることもありえます。

前置きが長くなりましたが「挨拶」とは縦社会の犬にとってかなり重要なのです。

間違えた対面方法

よく見る間違えた対面方法ですが一番はこれだと思います

頭と頭を近づける

初めからこれをしてしまうのは非常に失礼にあたります。

攻撃されても仕方ない程失礼です。

悪いのは攻撃した犬でなくこういう挨拶をした犬です。

飼い主さんが抱っこして顔と顔を近づけようとするのも良くありません。

目と目を近づけるのは「喧嘩」のサインです。

いわゆるメンチをきるってやつですね。

下手すると殺し合いに発展するのでほんとにやめてください。

ドッグランでも事故の原因に入っています。

他にも

マウンティング

上に乗りかかったり

写真は見つかりませんでしたが他の犬の背中に顎を乗せたりは

噛まれても文句は言えません。

パピー同士は良く分からず遊んでいますが

相手がはじめましての成犬の場合は注意が必要です。

大人になるにつれて教えなくても本能的に理解する子もいますし

理解してなお自分の権力誇示のためにやる子もいます。

間違えた挨拶をしていた場合は飼い主さんがしっかりと注意をしてあげましょう

犬同士だと加減が分からない場合があります。

そのため飼い主さんは各自で犬のNG行動を理解しておく必要があります。

正しい挨拶

正しい挨拶とは

「お尻から攻める」です。

ケツから攻めろ!

お尻には「肛門腺」という独特の匂いが出る臭腺があります。

このにおいは人間で言う名刺のようなもので

このにおいを嗅ぎ合いお互いを確認します。

なのでお尻からにおいを嗅ぐのはとても正式な挨拶の仕方なのです。

そして挨拶が終わればそのまま何もしないで去っていく。

というのが美しい紳士淑女の犬のマナーと言えるでしょう。

中にはこのマナーだけ知っていて

犬をホールドして無理やりにおいを嗅がせようとしている

方もいますがこれはやめてください。

親が押し付けた友情なんてうざい以外の何物でもないでしょう?

人もそうですが誰と付き合うかは自分が決めるべきことです。

誰に何を言われたからとかそんな事は関係ありません。

犬も合う犬同士は仲良くすればいいし、合わない犬同士は知らんぷりを

決め込んでいればいいのです。

挨拶には自主性が大切なのです。

自分から行けるまで見守ってあげましょう。

仲良くなったらどんな挨拶でも良い

上記ははじめましてのワンちゃんとのあいさつです。

基本仲良くなれば顔を突き合わせても喧嘩にはなりません。

何度も合うワンちゃんならばあいさつしなくても大丈夫なくらいです。

犬と一緒に出掛ければ様々な初めましての子に合うでしょう。

相手もあなたと同じ様に楽しい思い出を愛犬と作りに出かけています。

挨拶一つでそれが変わりますので自分の愛犬にはしっかり挨拶は教えておきましょう。


あなたの一つ一つの行動が犬に影響を与えて信頼や不信感を作るのです。

犬との良い関係を作りたければしつけの方法に固執してはいけません。

自分の行動を見直す事が正しい犬のしつけなのです。

川崎市の犬竹ーkentiku-ではそのお手伝いをさせていただきます。

使い古された英国式、欧米式とは違うトレーニングを是非ご体験下さい。

「預け型より出張型の方が改善が早い訳」

お問い合わせ

しつけについて
犬の豆知識
犬を飼う前
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る