犬の無駄吠えの直し方(迷信行動) - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2017年01月07日 [トレーニング]

犬の無駄吠えの直し方(迷信行動)

吠えなくさせるコツは?

こんにちは!犬竹-kentiku-坂本です。

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

↓イイネを押すと最新の更新記事が受け取れます!
Facebookアカウントはこちら

読む前にクリックおねがいします!


夜に爪を切ると親の死に目に会えなくなる

夜中口笛を吹くと泥棒がくる

朝蜘蛛は殺してはいけない

これが何かわかりますか?


そうですね。

「迷信」

というやつです。

迷信とは「因果性が無い反応と反応が作用し合うという思いこみ」の事で

簡単に言えば根拠のない言いがかりです(笑)
(習わしや言い伝えが根拠の迷信も多数あります)

実は迷信は人間が特別に抱く感情ではなく

どんな動物も迷信を信じてしまう事があります。

それを専門用語で「迷信行動」と呼びます。

今日は犬の吠えと迷信について

犬の迷信行動

犬が迷信を信じてしまうとはどういう時なのでしょうか?

伝統や習わしを聞いて犬が理解できるという事?

いえいえ。

そんなわけないですよね。

犬が迷信として信じてしまうものは

主に

・曲がり角を曲がると猫がでる

・あの家からは怖い人間が出てくる


等でしょうか。

曲がり角に猫が絶対いる訳でもありませんし

その家の前を通ったら必ずその人間が出るとも限りません

ですが100%でもないにも関わらず

インパクトが強すぎてそれ以降100%だと思いこんでしまう事を言います。

これは俗説ではなくちゃんと行動学の本にも書いてある「迷信行動」と呼ばれる

動物の行動理論なんです。

良く飼い主さんたちが悩む「謎の無駄吠え」はこれが原因である事が多いです。

迷信の催眠から解放する

要は思いこみですから

その思いこみを失くしていけば無駄吠えは無くなる

という訳です。

思いこみを無くすには「確認」させるのが一番ですよね。

吠えさせないように

その場所に行かない

目張りをして隠してしまう


というのは

迷信行動が原因でおきている吠えには

全くの無意味です。

むしろ悪化させる要因になるので

注意しましょう。

犬を吠える場所に連れていき

「ここには何もない」

というのをしっかり確認させます。

その際、飼い主さんが冷静に落ち着く必要があります。

飼い主さんがオドオドしていたら犬も更に不安になります。

堂々とした態度で頼りがいのあるところをしっかり見せてくださいね。




まぁここがじつは一番の難関なんですけどね。

逃げるのは解決ではない

何かから隠すまたは避けるというのは解決ではなく

逃げているという事です。

それでたとえ吠えなくなったとしてもその子は「永遠」

その曲がり角には恐ろしい化物がいる

あの家にはやばいやつがいる

と思いこんで生きるのです。

そういう場所が近所にある

というのは非常に人も犬も不幸な事です。

近所迷惑のために一時的に。

ならわかりますが

その場所にはもう行かないから

とういうのはその子から経験する機会を奪う事です。

成長するためにも時間をかけながらでも

「この場所には何もない、自分といれば怖いものはない」

と教えていくのが「しつけ」なのだと思います。




あなたの一つ一つの行動が犬に影響を与えて信頼や不信感を作るのです。

犬との良い関係を作りたければしつけの方法に固執してはいけません。

自分の行動を見直す事が正しい犬のしつけなのです。

川崎市の犬竹ーkentiku-ではそのお手伝いをさせていただきます。

使い古された英国式、欧米式とは違うトレーニングを是非ご体験下さい。

「預け型より出張型の方が改善が早い訳」

お問い合わせ

しつけについて
犬の豆知識
犬を飼う前
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る