犬のしつけは犬自身に考えさせる事 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2017年01月29日 [トレーニング]

犬のしつけは犬自身に考えさせる事

川崎 ドッグトレーニング

こんにちは!犬竹-kentiku-坂本です。

川崎で犬のしつけ・トレーニング・相談なら犬竹-kentiku-
HP http://www.kentiku-animal.com/

↓イイネを押すと最新の更新記事が受け取れます!
Facebookアカウントはこちら

読む前にクリックおねがいします!


犬のしつけに重要な点と言えば今までのブログでも書いてきましたが

褒める・叱るの2つ

どちらかが欠けても真の絆というものは生まれません。

ですがそれとまだ大切なことがあります。

それは「犬自身が考えて行動する」ということです。

心が荒む原因は人と同じ

おすわり

ふせ

まて

おいで

ついて


これが出来たら大概は良い子だと思いますし、問題もなさそうですね。

でもこれらの支持を実行してる時は犬自身はどう感じてるのでしょうか?

「これがもらえたらおやつが貰える」

「言われたからとりあえずやっておこう」


と考えているかもしれません。

え?それのどこが問題なの?

と思われると思いますが、別に悪いわけではありません。

出来てればよし。

と思うならば

人間も大半は仕事で

「明日は給料日だから部長の長い話も楽しく聞けるなぁ」

とか

「あぁまた始まったよ社長の話。これ聞くの8回目だぜ」

とか

「まぁミスっても始末書かいて平謝りでいいでしょ」

とか

考えていると思います。

好きな事を仕事に出来てる人は非常に少ないので仕方ないと思います。

今の会社に文句はない!

なんて言うのは少ないでしょうし。

でも新人のうちからここまで荒んでる人もそうはいないと思います。

新人のうちは皆希望と不安を持ち頑張る事でしょう。

犬の悩み相談

でもなんでこういう風に意欲がそがれていくのでしょう?

最初は指示されて言う事聞いないと分からないので先輩の支持を仰ぎますよね。

でも慣れていけばいつか自分に企画を任せてくる様になったりして徐々に自分の考えを

会社に活かせていけるようになっていきます。

それが評価されれば嬉しいですし、やる気に繋がりますよね。

でも現実は上司にダメ出しされ、企画が通らずやり慣れた仕事をルーティーンのようにこなすだけ

そうしていけば自然とやる気はなくなり心が荒んでいきます。

なんかビジネスブログ見たいですけど人のお話はここまで。

じつは犬がやる気をなくしていく原因もこれとまったく同じなのです。

人の言うことを聞くだけが犬でない

家庭犬で一番に求められているのは人への従順性だと思われます。

まぁ犬は従順な生き物だという先入観がありますからね。

なので一般的なしつけは「人の言うことを聞くこと」を目的に行われます。

今現在ある家庭犬向けのしつけは全てそうです。

犬のしつけはいつから?

なので形が出来ているか?

というのが評価の対象になる事が多いです。

おすわりはちゃんとお尻まで床につけているか?

伏せはお腹はういていないか?


完成形の形は多少違いはあれど大体おんなじです。

でもいつでもその基準が最良という訳ではありません。

床が冷たければお尻は付けたくありませんし

泥だらけのところにふせれば体が汚れるかも知れません


例に出したのは分かりやすいたとえですが要は「犬も正しい判断をしてる事がある」

ということです。

人間社会で暮らしていれば大半は人間の判断が正しいかもしれません。

ですが犬も自分なりに考えて判断して時にはその判断の方が正しい可能性もあります。

人が気づかないところを犬が気づきお互いの欠点を埋め合う。

いや、素晴らしい関係じゃないでしょうか。

ですがそれが今はほとんどの子が出来ません。

自分で判断できないから飼い主がいないとどうしようもできなくてストレスが溜まる

今までにないパターンだから動けない

知らない場所だから怖くて吐きそう

これらはすべて「自分で判断できない」ために起きていると言っても過言ではないかも知れません。

でも今現在ある「これが正しい」という押し付けた形のしつけです。

人間で例えれば「マニュアル通りにしかやらせない会社」です。

大きな事故は防げるかもしれませんが進展が無いのでやりがいを感じない。

犬のトレーニングも犬自身もう知ってる事しかやらない。

出来て当たり前の事を褒められて何かを達成したという実感を感じない。

犬は仕事をする生き物です。

達成感に喜びを感じます。

特に飼い主と分かち合う達成感はこの上ない喜びです。


今回のブログの内容はたぶん少し難しい内容かも知れません。

言いたいことがうまく伝わるかわかりません。

犬自身が考え行動できるしつけがもっと日本に広がればいいと思っています。


あなたの一つ一つの行動が犬に影響を与えて信頼や不信感を作るのです。

犬との良い関係を作りたければしつけの方法に固執してはいけません。

自分の行動を見直す事が正しい犬のしつけなのです。

川崎市の犬竹ーkentiku-ではそのお手伝いをさせていただきます。

使い古された英国式、欧米式とは違うトレーニングを是非ご体験下さい。

「預け型より出張型の方が改善が早い訳」

お問い合わせ

しつけについて
犬の豆知識
犬を飼う前
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る