心で!体で受け止める!おいでトレーニング。 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年02月07日 [トレーニング]

心で!体で受け止める!おいでトレーニング。

おいでよ○○○○の森

こんにちは!犬竹-kentiku-坂本です。

画像はイメージです。イメージ。

おすわり、ふせ、まて

3つをやってきましたが

今回は以前の3つとは違うタイプの

テンションをあげた方が良いトレーニングです

今日はテーマは「おいで」

とにかく遊ぶ!

おいでは細かいこと考えずにとにかく遊ぶ!

ひたすら遊ぶ!

遊びまくる!

これで大丈夫(笑)

適当・・・・

しかしほんとに遊んでいればおいでは上手にできるようになります。

おいでが出来ない理由に飼い主に魅力を感じないというのがあります。

飼い主より他の物の方が気になって飼い主の声に集中できないのです。

犬の好かれるには遊ぶことが一番です。

慣れてくると遊びの中で叱るが出来てきて遊んでるだけでも

かなり言うことを聞いてくれるようになります。

最初は魅力がないかもしれませんが

魅力を引き出すために

おやつ・おもちゃが存在します。

これらに頼り切るのではなく

最初はこれを使って

自分の魅力をあげていき

魅力が出てきたら

生身と生身で遊んでみましょう(笑)

身体と身体でぶつかる

おいでのテンションはかなり高めが理想です。

つまらなそうにトボトボこっちにきてもいざという時

役に立ちません。

目安としては「おいで」と呼んだら自分の膝に飛び込んでくる勢いです。

もうドーンとぶつかっても構いません。

受け止めてそのままジャイアントスイングを決めて

あげるとめちゃくちゃ喜びます。
(慣れてない人はやらなくても良いです(笑))

そのまま何回も飛び込んで体と体でぶつかりまくりましょう!

犬との一体感を感じれて楽しいです。

でも周りの目が痛いです。

目の前におすわりさせる。

しかし呼んでこちらに来てもはしゃいでいると落ち着かせるのが大変ですね。

なのでおいでは、人の方へ来て完成ではなく

人の目の前でおすわりをして完成になります。

おすわりの記事でご説明したようにおすわりは自発的に

落ち着く行為ですから

ここでおすわりが活きてくるのですね。

落ち着けばリードを付け直す作業も楽ちんです。

トレーニングって良くできてるなぁー

身体が壁になる
人の手前数センチで止まってこちらまで来てくれない子がいます。

これは飼い主の魅力が不足しているからなのでしょうか?

じつは魅力が足りていても体をぶつけてこない犬もいます。

距離感を図ろうとして自分でブレーキをかけてしまうのです。

動物には居心地の良い他人との距離感があります。

これを「パーソナルスペース」と呼びますが

犬にもあります。

ライオンなどの肉食獣が肩を大きく揺らして歩いてますが
(分からない方は動画などを見てみてください。ガンガン揺らしてます)

これは、パーソナルスペースを広げて権威の象徴と心に奥にある

臆病な気持ちを隠したい

という気持ちから肩を揺らすようです。

すこし粋がっている人も肩を揺らして歩きますが

これはそういう精神状態が表面に出ている形です。

話がずれました。


ですので、動物みんなにあるのですがこれが邪魔をして

綺麗においでが出来なくなってしまう場合があります。

どうすればよいのかというと

犬を呼んだとき体を正面にするのではなく

90度に傾けて

そのまま通りすぎるように開けてやればいいのです。

身体が壁になりパーソナルスペースを感じているのならば

そのまま通り過ぎてくださいー

という感じです。

最初は何回か通り過ぎさせてもいいのですが

何回かやったら通り過ぎる瞬間に壁を作りましょう。





うん




分かりにくい(笑)


説明しにくいなー

明日動画とってきてUPします。

UP初めてだからできるかわからないけど

ゆーちゅーばーになる練習。

明日もお楽しみに!

ホームページトップに戻る


このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る