動物番組の裏側 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年02月14日 [犬の豆知識]

動物番組の裏側

見る価値が無い

こんにちは!犬竹-kentiku-坂本です。

みなさんは動物番組をよく見ますか?

可愛い子犬が出てきたり

普段見ることもないような生き物が出ていたり

と楽しいですよね。

私も動物バラエティ以外は良く見ます。

日曜日に10時にやってる関根さんが出てるやつは

マイナーな犬の仕事なんかたまに紹介していていいですね。
(局はわかんないです。笑)

でもその反面扱い方が雑だったりして命を落としてしまう犬もいます。

また撮影は人ですらストレスが多くかかるので

それが原因で寿命が短くなることもあります。

動物番組を実際に制作した事はありませんが

動物番組って本当に良いのでしょうか?

やらせは当たり前

まず、夢をもって番組を見ている方には申し訳ないですが全部やらせだと思って見ていれば

傷つかなくて済みます。

言い方は悪いですが動物を見世物にしているわけですが

動物は人間のようには動いてくれません。

なので大半は傍にトレーナーがついていて指示を出していることが多いです。

このようなお仕事を「アニマルトレーナー」といいます。

「ドッグトレーナー」よりはるかにマイナーなお仕事ですね。

しかしハリウッド映画では欠かせない職業であるらしく

売れてるトレーナは年間に何十億と稼ぐそうです。

映画はみんなお芝居なので分かりますが中にはドキュメントやノンフェクションを

よそってやらせをしているのもあります。

嘘は後々響く
その代表的な番組は何年か前に終わりましたが

今でもそこでチャンピオンになったのを宣伝に使う方も多いあの番組です。

実は小さいころ私もあの番組が大好きで

友達にはポケモンチャンピオンになったのもいました。

でもトレーニングチャンピオンになった先生が聞かせてくれたのは

やらせの数々だったのです。

TVなのである程度は仕方がないのかも知れません。

その番組でチャンピオンになった先生方も何人かは実際にお会いしたことがあるので

実力がないのにチャンピオンになったということでもありません。

しかし聞く話はキャラ作りを要求されたり

番組の設定では応募してきた家族だが

実際には番組側が用意した偽家族だったり

犬も本当に困っている子は時間がかかるから

わざと数日トレーニングすれば形になる子を事前に選んでいる

とも聞きました。

TVだからしょうがないのはわかるんですが・・・・わかるんですが。

これで飼い主さんがしつけを軽くとらえてしまうんじゃないかと。

しつけはトレーナーをつけて基本3か月から半年はかかります。

飼い主がやり方を覚えてそれからは一生かかる気持ちで

やるものです。


こんな数日で改善しました。

なんて売れこみ方をすれば後々のトレーニング業界を潰しているようなものです。

飼い主にはある程度の覚悟を持ってほしいのが私の考え方です。

覚悟をもって命を買い誠意をもって接してほしいのです。

ハードルを低くすることで多くの人たちに知ってもらいたい

というのもとても良いと思うのですが軽視するようにはなってほしくないです。

まぁトレーニングってものを軽視した結果が今のトレーナー業界ですが・・・・



生きているからこそ真実を

実際番組を作るのはトレーナーではなく制作会社です。

制作会社の方々は犬の事は知りません。

他の動物のことに明るい方もあまりいないでしょう。

なのでスポンサーや視聴率を気にした番組構成になるのでしょう。

TVの効果というものは絶大でTVで紹介されれば一気にブレイクします。

なのでTVでそういうものだと放送すれば犬のことをあまり知らない

人たちはそういうものだと思います。

ティーカッププードル、豆柴等ミニサイズが奇形だということを知らない方も多くいます。

最近はさらに小さな犬種でナノサイズや小豆柴なんて言うのも出てきました。

むかついたので抗議のメールを出しましたが返事はないです。

これらを人為的に繁殖しているのは種の繁栄ではなくその犬種に対する冒とくだと私は思います。

でもそれをTVは良いように宣伝するのです。

動物番組を楽しむ反面このまま動物たちをバラエティで使い続けていていいのかと思います。

今はまだ完璧な答えを出せないかもしれませんが、いつか動物たちを酷使させる様な番組

間違った知識を披露する番組がなくなればいいなと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る