犬と本気で遊ぶということは正しいのか? - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年02月21日 [トレーニング]

犬と本気で遊ぶということは正しいのか?

本気で遊ぶ

こんばんわ!犬竹-kentiku-坂本です。

遊ぶということはこのブログでも何回か話題に出しています。

遊ぶというのはトレーニングで最重要項目なので犬と遊べるようになってほしい

ということです。

犬と本気になって遊べばその子の心にも少し近づけるような気がします。

しかし犬と本気で遊べていてもうまく行かないときがあります。

これは何故なのでしょう?

今回は犬と遊ぶ話

みんな遊ぶことが好きだという勘違い
そもそも遊ぶということでも好き嫌いが出てきます。

犬が皆人と遊ぶのが好きなわけではないのです。

ボールを見せたって人間全てが球技大好きなわけでないように

ボールに生まれつき興味がない子もいます。

中には動き回ること自体がだるい子もいます。

ちいさいころに遊んでもらった記憶がないので遊ばない子もいます。

本当に性格は多種多様で日本のしつけが何故ここまで褒めるに偏っているのか

理解に苦しむレベルです。

遊ばない子を遊ばせるようにするトレーニングはいくつかあるのですが

いくらやっても遊ばない子もいるという事は理解して

おもちゃで遊ぶことをあきらめた方が良い子もいるのを忘れないでください。

あなただって自分が興味のない趣味を他人に押し付けられたら良い気持ちではないですよね。

あっそういうのに快感を覚える特殊性癖の方はそれも楽しいのかも。
(犬もこういう特殊なのがいます)

遊ばないなら餌付け

おやつトレーニングというもののメリットの一つに三大欲求を利用するということがあげられます。

ボールも本能的な部分を利用していますが上記したようにみんなにその本能があるわけではありません

なのでボールに興味が持てないなら餌付けします。

おやつ依存しないようにするのがベストですがこれは中々家庭では難しいかもしれません。

ですがボールに興味を持てないからトレーニングをあきらめるのはすこし勿体無いですね。

逆も然りでおやつに興味持てないからトレーニング出来ないという訳ではないのですよ。

何にも興味が持てなくてもあきらめることはありません。

何かしらのモチベーションというものが必ずありますからそれを見つけるのも犬との生活の

楽しいところです。

本気で遊ぶべきなのか?

さて、モチベーションの話から入りましたが、いざモチベーションを使って犬と楽しくトレーニングしましょう。

というところで犬と本気で遊んで良いものなのでしょうか?

ここは自分がどんな犬になってほしいかで変わります。

犬と本気で遊べば犬がよりあなたを好きになるでしょう。

しかし、人に注目し過ぎてしまうのも家庭犬では考え物です。

常にずーとあなたを見つめ、常に何かに期待しているのは犬からしてみれば

それはそれで楽しいのかもしれませんが、その犬の期待感に人はプレッシャー

を感じてしまうかもしれません。

また一般家庭では縁のない話ですが「追求」や「選別」などの作業をするとき

人への集中が強すぎると邪魔な時があります。

このように犬のトレーニング始めるときに大切なのは「どいう生活を望んでいるか」です。

設計図が無ければ物を作っても余程の天才かベテランでない限り形がいびつになりますよね。

犬のトレーニングも同じです。

何もプランなしでも自分の思うような犬に育て上げることのできる天才はプロにもアマにもいます。

しかしほとんどの人はそうではないはずです。

私がプランにこだわるのもプランなしで犬のトレーニングを始めても最終的にはどれもなんとなくできる犬になってしまうからです。

犬ともみくちゃになりながら遊びたくても「大人しくなってほしい」と思うならそれは避けるべきですし

「競技会で活躍してほしい!」と望むなら事あるごとに声をかけて常に期待感を持たせるようにしておいた方が良いですよね。

遊び方一つをとっても将来どのような子になってほしいか想像しながら遊びましょう。

犬の性格を理解しておもちゃで遊ぶべきなのか、おやつを使うべきなのか。

テンションあげて遊ぶべきなのか、ゆっくり遊ぶべきなのか。

これを考えて行動に移すだけでも犬の扱い方は上手になると思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る