しつけするときに注意したい!いきなり結果を求めていませんか? - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年02月25日 [トレーニング]

しつけするときに注意したい!いきなり結果を求めていませんか?

少しづつね

こんばんわ!犬竹-kentiku-坂本です。

すぐに効果を出したい!これはしつけに限らずどんなものにも求められます。

ファーストフードはスピードでうまく行ったいい例です。

しかしどんなものも早ければいいわけではありませんね。

特に犬のしつけは焦れば焦るほど乱暴な手に出てしまい犬の自主性を失くしてしまいます。

では、どうすれば良いのでしょう?

今回は計画の話。

トレーニングプランという計画書

このブログでも良く出てくるトレーニングプランですがこれは読んだままで

しつけの計画書です。

どんなものにも計画書はあるようにしつけにも計画書が必要です。

これが無ければ始まりません。

このトレーニングプランの作り方ですが

人により異なるところがあり自分の作りやすいように作るのが一番です。

今回は私のプランの組み方を簡単にご紹介しましょう。

例題犬 プロフィール

犬名 じろー

犬種 柴犬

年齢1歳

家族構成 母方の祖母(70)、母(42)、父(45)

散歩が大好きな男の子。散歩中もテンションが高く他の犬が来ると吠えまくる。

家に帰っても足を拭こうとすると咬みついてくる。

抱っこも嫌いで家族全員が抱っこが出来ない。

特に祖母に対してのあたりが強く祖母は怖くて触れない。

まずは小さな目標を!
自分で書いといてなんですが良くありすぎるパターンですね(笑)

まずは何に困っているかを一つ出しましょう。

いきなりあれもこれもまとめて解決はできませんので一つだけです。

しかし一番困っていることではありません。

おそらくこの場合一番困っている問題は「祖母が全く触れない」でしょう。

多くの飼い主さんは一番の問題行動さえ無くなればそれでいいと考えてます。

ですがそれは無理な話で出来たとしても表面だけを取り繕うトレーニングで

トレーナーが離れてしまうと数日でもとに戻ります。

仮にあなたが全国模試10位以内という目標を掲げた時

苦手な科目を練習するのにいきなりレベルの高い参考書で勉強はしないでしょう。

まずは基礎から復習して少しづつ応用に移ると思います。

犬のしつけも同じで一番困っていることはその犬が苦手なことです。

そればかりにアプローチをかけてもうまくはいきません。

なので小さな目標を設置してそれを攻略していく事から始めます。

この場合一番軽そうな問題行動は散歩中のテンションになります。

一見、足ふきが楽そうだと思うかもしれませんが咬まれる危険がある分難易度は高めです。

この判断は少し飼い主さんでは難しいかもしれません。

私がこの散歩時のテンションの上がりを最初に選んだのは

テンションを抑えるために使うの言葉を最初に教えておきたいからです。

今回は「マテ」にしておきましょうかね。

まずは上がりきったテンションを抑えることが出来なければ機嫌の悪い犬に触れる

等という行為は中々に恐ろしいです。

少なくとも私はやりたくありません(笑)

ベーススキルをまずは覚えよう

前提スキルというやつです。

ゲームで例えて説明すると国民的RPGドラ●エだとベ●マを覚えるためにはべホ●ミが必要でべ●イミを覚えるためには●イミを覚えなくてはいけません。

いきなりベホ●を覚えることはありません。

もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが私のトレーニングプランはゲームがベースになります。

なのでゲームわからない人に説明するときは苦労します(笑)

大体のお客様はあまり詳しくないので分かりやすいように変換してお伝えします。

「触られる」というスキルを覚えるためには「足ふき」を覚えなくてはいけませんし

「足ふき」を覚えるためには「マテ」を覚える必要がありますね。

なのでより上の目標を攻略するのであればこのようにスキルツリーのようなものを自分で組み立てて

まずは何と何を覚えさせるべきなのかを考えます。

だからこの子はおすわり、ふせ、おいでなんて無視して真っ先に「マテ」を教えます。

ゲームに例えている理由はこのほかにも様々あり、しつけとゲームは似ていると私は思います。

触られるというスキルを覚えたいのに違う前提スキルを取得すると回り道になるので

初期に何の前提スキルを取得するのかで将来が大きく変わります。

トレーニングプランは実際にやっていく中でその都度変化していく事もあります。

動物は機械ではないのでプログラミングはできません。

なので、トレーナーは様子を見ながらプランを変更させていきます。

プランが無いと見直しが出来ないので変更するのも難しくなります。

なので慣れないうちは紙に書いて置く等しておくと良いでしょう。

まとめ
しつけをする際には必ず将来の姿を想像します。

こうなってほしいなーという感じで。

そしてまずはなにを直していくのか。

どういう順番でオビディエンスを教えていくのか?

なのはともあれまずは計画書を自分なりに作成して

この計画書が自分で遂行できるのか考えながらやってみましょう。

まずはそこからです。



また次回もお楽しみに
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る