犬の吠え声ってどう聞こえてますか?世界の犬の鳴き声 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年03月08日 [犬の豆知識]

犬の吠え声ってどう聞こえてますか?世界の犬の鳴き声

どう聞こえてる?

こんばんわ!犬竹-kentiku-坂本です。

わんちゃんって呼び方は犬が「わん」と吠えるから

そう呼ぶんだと思いますが猫って「みゃーちゃん」って言わないですよね。

「にゃんちゃん」も変だし。

今日は犬の鳴き声の話。

世界の犬の鳴き声

日本は共通して犬の声は「わん」だと思うのです。

実際には「わん」以外にもたくさんあるのですが

まぁみなさん「わん」ですよね。

しかし外国では「わん」でないところもあります。

てか「わん」以外が多いです。

ここで世界各国の犬の鳴き声をあげてみましょう。

アメリカ:Woof woof

中国:wāng wāng

ドイツ:Wuff wuff

フィランド:hau hau 

ノルウェー:voff voff

スウェーデン:Bork bork

アルゼンチン: guau guau

どうやら wang と発音するのはアジア圏が多いようです。

南米が guau が多いイメージ

スペインが guau だからなのだと思いますが。
(南米はスペイン語を話す地域が多い)

しかしこう見ると中々にバラエティに富んでますね。

でも地域で固まってるみたいですね。

今度鳴き声分布世界地図でも作ろうかな(笑)

特殊な鳴き声の犬

犬の中には「犬なのか?」って声で鳴く犬がいます。

それが「バセンジー」

顔のしわが・・・(笑)

このバセンジーは鳴き声がおかしいです。

言葉では言い表せないですが「ウミョーン」みたいな声で鳴きます。

図鑑には猫のような声と書かれています。

原産国が南米で元々少数部族のゴリラ狩りという珍しい狩りのために犬だと言われています。

ふつうの狩りも多いに活躍したのでしょうが。

別名「クック鳴きの犬」と呼ばれるように海外の方から見てもこのバセンジーの

鳴き声は特殊なようです。

一説に狩りのために大きな声で鳴かれると困るので小さな声に犬を交配させた結果がバセンジーということですが

最初聞いたときはあまりにも変で笑えました。

でも静かな声では無い気がするんだけどな。

このバセンジーは鳴き声だけでなく生理周期も1年に1回等他の犬と特徴が違う

所も多いのも面白い犬です。

最近ではそこまで珍しいわけではないみたいなので近所で見かけたら

飼い主さんの承諾を得て触れ合ってみても良いですね。

時代でも変わる鳴き声

日本の犬は「わん」だと言いましたが実は江戸時代以前だと犬は「わん」では

なかったのです。

「わん」

ではなく

「びょう」

と鳴いていました。

犬の声が時代と共に変化したのか人の感覚が変化したのか分かりませんが

時代でも変わるのは面白いですね。

狂言とかで「びょーうびょうびょう」って役者の方が言ったらそれは犬ですからね。

因みに「びょう」は犬の豆知識として知っておいて良いと思いますが

びょうよりさらに前、室町よりもっと前平安時代は「ひょ」と表記されてました。

平安には濁点が無かったのでこういう表記になったみたいです。

ここら辺はもう犬の知識というより歴史の分野ですがね。


さて、今回はどうでしたでしょうか?

犬ってまだまだ分からない、知らないことばかりですよね。

それを自分の中の少ない知識で「こうだ」と決めつけるのはあまりに愚かだと思います。

トレーナーだけでなく飼い主さんも色々なセミナーに出て沢山犬について学べる環境が

増えればうれしいですね!

ではまた次回をお楽しみに!
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る