神経質な方は注意!お手入れでやってはいけない3つの事 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年03月10日 [犬の豆知識]

神経質な方は注意!お手入れでやってはいけない3つの事

毛も肌も死んでしまう

こんばんわ!犬竹-kentiku-坂本です。

みなさん!お手入れ出来ていますか?

体をきれいにしておくのも飼い主の重要な仕事です。

爪は伸びすぎてないか?

体は臭くないか?

耳は汚れていないか?等など

気にしなければいけない点はたくさんあります。

でもやり過ぎてはいけない事って実はあるんです。

今日はお手入れの話

体を洗いすぎてはいけない

これは結構有名ですよね。

毎日体を洗う私たちから考えればすこし不衛生な気がしますね。

しかし犬の体はある程度の油があるおかげで乾燥などから皮膚を守れています。

なので毎日シャンプーしていると毛はボロボロ、肌はカサカサになってしまうので体を洗うのは月に1度

多くとも2週間に1度くらいにしましょう。

またシャンプーは人間用ではなくちゃんと犬用のを使いましょう。

ケチって100円のとかも使ってはいけませんよ。

シャンプーって結構めんどいんですよね。

因みに日本人の様に毎日お風呂に入る習慣があるのは世界的に見ても珍しいようで

外国は平均で3日に1回とか1週間は入らないとかも多いそうですよ。

なので香水産業が育ったのだとも言わています。

最近では毎日に洗顔はお肌にダメージがあるらしく夜は保湿するという意味も含めて水洗い程度が良いらしいですよ。

耳を毎日拭いてはいけない。

結構きれい好きもとい神経質な方はやってしまいます。

耳も皮膚と同じように油が多少ないと耳の中が傷ついてしまいやすくなります。

カタツムリみたいなのがいます。

あとたまにでもきれいに拭きすぎるのはよくありません。

綿棒やコットンでごしごし拭くのは耳炎の原因になるのでお勧めしません。

耳をめくって濡れたコットンでさっと拭く程度で大丈夫ですよ。

あと耳の中をゴリゴリ拭こうとする方も居ますが耳の中はデリケートなので細いもので掻き出す

様にすると傷がついてしまいます。

耳はデリケート!これを頭に置いて優しく拭いてあげましょう。

自然乾燥

これは逆に大雑把な方が良くやります。

シャンプー後に自然乾燥でいいやと生乾きで放置したり散歩したりするのはやめましょう。

特に早く乾きそうと思い夏場のシャンプー後散歩に行って乾かそうとしますが危ないのでやめましょう。

体に水分が残っていると気化熱で体が熱くなり熱中症になってしまいます。

また水滴がレンズの役割になりより熱を吸収してしまうとお話しする獣医さんもいらっしゃいます。

自然乾燥は雑菌も繁殖しやすくなるので全身を毛で覆われた犬はきちんとタオルで拭いてドライヤーでちゃんと乾かしましょう。

あと夏になると全身丸刈りにしようとしますが絶対に止めましょう!

毛があるのには理由があります。

人間の思い込みで丸刈りにすると直接肌に熱があたり余計に熱くなります。

夏を涼しく過ごすには

きちんとしたブラシでムダ毛を抜くことが最重要です。

丸刈りにされたトイプードルやポメラニアンを見ると悲しくなります。

ムダ毛が多い場合はブラシできれいに落としてあげましょう。



どうでしたか?

お手入れって面倒ですが犬を飼う上ではさせられない道です。

獣医さんにも意見を求めて正しいお手入れをしてあげましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る