テンション高く褒めるというトレーニング - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年03月25日 [トレーニング]

テンション高く褒めるというトレーニング

怖い・・・

こんばんわ!犬竹-kentiku-坂本です。

人も犬も落ち着いてトレーニングしましょう。

というのは私の中での基本的なトレーニングの仕方です。

しかしなにもテンションを上げてトレーニングすることが悪いわけではありません

テンションをあげて褒めてトレーニングをする。

今日はテンションをぶちあげる話。

人が喜べば犬も喜ぶ

ここ最近はもっぱら教える専門で自分でトレーニングするのが減ってきてしまいましたが

私自身がトレーニングをする場合は情緒不安定なトレーニングをします。

気持ちが読まれないようにというのもありますがいきなりテンションが上がると犬も一緒に

喜んでくれる子が多いのでテンションを上げた際の振れ幅を大きくするためにあえて不安定な状態で

トレーニングをします。

人が喜べば犬も喜びます。

これはどんな犬だってそうです。

テンションが上がった後扱えるかどうかは置いといてですが。

テンションをあげて教えるなら覚悟が必要

特に言葉でほめる際に大きな効果を期待したいなら恥は捨てたほうがよいでしょう。

最初のうちは小さな褒められ方をされてもそれが喜んでくれているかどうかはわかりません。

犬ではありませんが子供の教育で面白い記事があったのでご紹介

幼い息子の行動が一変!あるママの「大げさに◯◯する」子育てが話題に

人でも同じなのかわかりませんが理論的な話をすれば

「どうせまだお着替えしないでダラダラしてたんでしょー?早く着替えなさ…エエエエエエ!!?もう着替えてるゥーー!?!?」

の前半部分は呆れや期待していないマイナスから入っているのがポイントです。

そして後半一気に盛り上げる。

こういう方法を訓練用語で「緩急訓練」と呼びます。

お笑いでもこの緩急がうまく使われています。

初めはゆったりと入り空気が張り詰めた特にドバっとすべてを開放するように緊張の張りを緩める

といった具合です。

後半は狂っていれば狂ってるほど効果は高いです。

なのでテンションを上げてほめてトレーニングするなら飼い主さんはそれなりの覚悟がいります。

なのでお勧めしない

ですが実際そこまでの覚悟をお持ちになられても中々行動には移せないものです。

大丈夫です。

それが普通です。

すぐにできる方は頭のネジがおそらく緩んでるのでしょう(失礼)

ですからほとんどこのやり方をお勧めすることはありません。

中途半端にやるくらいなら無駄にテンションの高い子にしないように

落ち着いてほめるようにしたほうが家庭犬としては扱いやすいです。

ですがハイテンションでトレーニングしたほうがパフォーマンスは良いです。

楽しそうにキビキビ動いてくれやすくなりますから。

どちらかといえばこのトレーニングは家庭向けというより

ドッグスポーツなどを楽しむ子用なのかもしれませんね。

(家庭犬でも集中力増加のために行っても効果は期待できますね)

もちろんずっと高いテンションでほめ続けろというわけではありません。

徐々にテンションを落として軽くなでる程度で喜びが伝わるのがゴールです。

難易度は高い

あまり興奮させないようにしたほうが後々は楽です。

ですがお客様のなかには「ほめて育てたい!叱りたくない!」とおっしゃる方もいるわけです。

叱る、褒めるを両立した方が効果は出やすいので基本は両立を目指してもらいたいのですがどーしても!

というのならば犬の性格を見た上でお教えしています。

その子の性格に合わないなら諦めてもらいますが・・・

褒めるだけでも出来なくはないが難易度は高いということはお忘れなく。

ではまた次回もお楽しみに!

良いと思ったら是非クリックしてください!



にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る