犬に服は着せた方が良い!服をおススメする理由 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年04月04日 [犬の豆知識]

犬に服は着せた方が良い!服をおススメする理由

雰囲気を変えてみました!

こんにちは!犬竹-kentiku-坂本です。

みなさんは「服」を着せることに賛成ですか?反対ですか?

私は賛成です。意外にも。

なぜ犬に服を着せた方が良いのでしょう?

その理由をまとめました!

今日は犬の服の話。

賛成派?反対派?

賛成が半分くらい

上のグラフはyahooで検索してちまちまカウントして集計した図です。

200コメントみて作成しました。

もうブログはこれで終わりでいいんじゃないかな。

因みにどっちでもは「個人の自由」とはっきり書いたコメントをカウントしてます。

古いコメント新しいコメント入り混じってますが感覚的にもこんな感じじゃないでしょうか?

賛成が半分を占めてますね。

犬を飼っていると服を着せたくなるのは分かります。

私は昔は服反対派でしたが今は服賛成派です。

その理由を今日はお話しようと思います。

毛の飛び散りを防ぐ

一番の理由はこれです。

私は仕事の関係上犬の毛なんて微塵も気にしませんが

犬の毛は犬が特別好きな人で無い限りは「不快」以外の何物でもありません。

服に毛が付くなんて汚いと思うのは当然です。

なので飼い主さんは犬の毛が飛び散らないように工夫をしなければなりません。

ですが犬は毛でおおわれた生き物です。

どうしても毛が飛びます。

毛の短い犬種もチクチクした短い毛が大量に飛んでいます。

飛んだ毛が干してる洗濯物に付いたりしたら頭に来ますよね。

犬の毛にアレルギーがある方も少なくありません。

無駄な毛を出さない。

出してもきれいに処理をする。

これは人としてのマナーです。

なので完全に防ぐことはできませんがマナーとして換毛期や毛量が多い犬種は服を着ることをおススメしています。

犬が苦手な人にも思いやりをもって接しましょう。

耐えるというしつけになる

次にお勧めする理由は「しつけ」になるということです。

犬に服を着せるのに反対する人の多くは「ストレス」がかかるからと言いますが

生きていればストレスはかかります。

またストレスは負荷が強すぎれば害ですが

軽いストレスは有益になることがあります。

服の着用は、狭いマンションで牧羊犬飼うよりは余程軽いストレスだと思います。

しつけとは人間もそうですが「耐えることを教える」事だと思います。

誰かと生きていくのは耐えるということです。

幸せも感じますが耐える事もある程度出来なければ関係は上手くはいかないですよね。

なので服を着せる練習はこの耐えるという練習として非常に有効だと考えてます。

ただし

服を着て吐き気が止まないとか、下痢が止まらないとか、老犬だけど初めて練習する等

明らかに害が出ている場合には服は着せないほうが良いです。

あくまで適度なストレスになるからこそ最適と言えるのです。

モチベーションになることがある。

全ての犬が服を着るのが嫌なわけではありません。

特に練習してもないのに服が好きな犬もいます。

というか死ぬほど服が嫌いな犬はあまり見ません。

服を着ると喜ぶのは誰でしょう?

そう、人間ですね。飼い主ですね。

それで良いのです。

犬は飼い主が喜べば嬉しくなります。

特に甲高い声で「かーわーいーいー!!」

とかなんとか言ってれば犬もそれを学習するわけですね。

服がモチベーターとなれば散歩が苦手な子が散歩出来るようになったり

人が苦手な子が人に慣れたりもします。

服を使ったモチベーショントレーニングはあまり見ないですが

モチベーションが常に身についている状態は場合によりかなりの効果を発揮します。

ほら、お気に入りの服を着たくて外行きたいとか女子はあるでしょ?

え?無いの?

私は自分の服は完全無関心ですが、外で音楽を聴くのが好きなのでそれが理由で外出を良くします。

それに似た心境が服でもあり得るということです。

デメリットもあるのでうまく付き合おう

メリットをご紹介しましたが勿論デメリットもあります。

デメリットの代表は「誤飲」です。

布を飲み込む癖がある子は誤飲の可能性があります。

自分の犬だけでなく相手の犬にも気を付けなければいけません。

ボタンやヒラヒラのレースなどは犬の格好の的です。

遊ばせる際は必ず脱がせる等の対処をしましょう。

また人が見ていられないなら着せっぱなしはやめましょう。

誤飲癖が無くとも暇つぶしに咬んでしまいます。

また布がこすれるので毛玉にもなりやすいので服を脱がしたらブラシでケアをしましょう。

デメリットも良く理解して服でより楽しいドッグライフが送れれば素敵ですね!

では、また次回もお楽しみに!

川崎カテゴリ第1位!!これからも宜しくお願いします!
良いと思ったら是非クリックしてください!



にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る