なんで吠えるのか?犬の吠えの原因はここにある! - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年04月08日 [トレーニング]

なんで吠えるのか?犬の吠えの原因はここにある!

吠える原因

こんばんわ!犬竹-kentiku-坂本です。

犬のお悩みで常に上位に行く「吠え」

人を見ればワンワン

犬を見ればワンワン

留守番してればワンワン

無駄吠えとは良く言いますが犬の吠えをやませるためには

原因を調査する必要があります。

今日は吠えの話。

無駄な吠えは存在しない?

良く色々なサイトで「無駄吠えは人間の思い込みで無駄な吠えは存在しない」

と書かれることがありますが、無駄な吠えはあります。

ですが多くの「無駄吠え」と言われているものは原因があるということも確かです。

今回は原因がある無駄じゃない吠えについてお話しようと思います。

無駄じゃない吠えは性格に依存した原因があります。

例えば、怖がりな子ならばチャイムの音が怖くて吠える。

他にもチャイムが怖いのでなくチャイムの後の人が出てくるのが怖い。

もしくは人でもなく知らない人がしゃべるのが怖い。

等など

他にも理由が沢山ありますね。

なので吠えて困ると言われてもそれだけでは解決の糸口はつかめないのです。

ya●oo知恵●で「吠えて困る」という質問に原因もわからないのに

「おやつで慣らしましょう」とか「無視するといいですよ」とか無責任に書き込む人の気が知れません。

原因を探る

まずは原因を探りましょう。

何を求めて吠えているのか分かればもうトレーニングの7割は終わりです。

例えば、帰宅すると吠えるという場合は

・帰宅した気配に反応している

・帰宅した音に反応している

・帰宅した人に反応している

・帰宅した後の行動に反応している

大まかに分ければ4種類ほどに分けれます。

そこから更に

・気配なら外のどこから聞こえているのか?

・音ならドアの音か?鍵の音か?

・人なら他の家族はどうなのか?

・帰宅後なら着替えていることに反応するのか?
靴を脱ぐのに反応しているのか?

とかも考えられます。

どの範囲で反応しているのかをきっちりと分析するのが必要です。

何を求めているのか?

原因を考えたら次は犬が何を求めているのかを考えましょう。

ここで多くの飼い主さんや中途半端なトレーナーが勘違いしているのは

「怒ればいいんだろう」

ということです。

吠えたらどうやって直すのか?

叱れば良くなるだろうは考え的に安易すぎます。

何故なら「怒られる」という行為を望んでいる犬もいるからです。

犬は叱られているという行為を基本的には理解はできません。

人が不快な顔をして叱ってもその子にとっては「相手をしてもらえた」と同意義なのかもしれません。

または「叱られる」ことで群れに入れるならばあえて「叱られる」という選択をとる子も居ます。

犬が何を望んで何を望まないのか?

ここの価値観が一致しないと数年繰り返しても改善は難しくなります。
(大体数年やる前にあきらめてしまうけど)

群れとしての価値観

怒られてでも・・・って状態は「サイコパス」と呼ばれている人たちにも

良く表れる状態です。

精神構造が通常より外れている人のことをサイコパスというようですが

通常は「怒られる」という嫌悪刺激を回避するために今度は怒られない行動を

取ろうと考えますね。

しかし中には「怒られている限りは自分の事を見ててくれる」という考えに至る人もいます。

人間でいえば「病んでる」ってやつです。

犬でもそういう状況はおきます。

叱られることこそが私の使命!みたいな勘違いしてる子は実際多いです。

普段はおとなしいのにある特定のスイッチが入ると叱っても効かないのはこれが原因していることもあります。

人間で言うと「病んでる」は相当心にきてますが犬の場合はそこまで深刻ではありません。

犬は群れに存在すること。

群れが存続することを第一優先に考えます。

なので群れが存在しない場合借りた猫の様に大人しくなるか

群れをまとめようとします。

つまり群れというコミュニティーが犬の行動原理と言っても過言ではありません。

「群れの価値観」というのは人間とかなりかけ離れている感じがあるので少し考え方を

ひねらないといけませんね。

犬の扱いが上手い人は大体変人です。

一般的な考えから外れているから犬と上手く付き合えたりします。

私の師匠達も「変人」しかいません(笑)


長くなってしまったので今日はココで。

次回はこの続きで具体的な解決案などの一例をご紹介します。

それでは次回をお楽しみに!

良いと思ったら是非クリックしてください!



にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る