犬を無視すれば問題行動が無くなるってホントですか? - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年04月17日 [ワンちゃんを迎える前に]

犬を無視すれば問題行動が無くなるってホントですか?

無視する難しさ

こんばんわ!犬竹-kentiku-坂本です。

無視をするという方法はプロ、アマ構わず

良く使われる方法です。

ですが無視だと改善に遅れが出ることもあります。

今日は無視をする方法の話。

無視をする理由

掲示板で質問などを見ていると改善方法に良く

無視をした方が良い

との書き込みが多いです。

無視という方法は昔から続く非常にメジャーなトレーニング法です。

効き目があるからメジャーになるんです。

なので無視という方法で改善されないということはあまりないはずなのに

無視での改善例って少ないんですよね。

そもそも無視をすると何故犬は問題行動をやめると思われているのでしょうか?

無視をされると悲しいから

無視をされると犬のみならず人も悲しいですよね。

だから無視されないようにするためにはどうしたら良いか考える。

考えられる子ならいいでしょうがね。

まず無視されると悲しいということが間違いです。

無視されて悲しいのは「関係性」がそうだからです。

犬がみんな無視されて悲しいというのは違います。

自分自身で考えてみましょう。

無視された場合あなたはどう思いますか?

・キレる
親しい間柄だけど自分の方が上だと思ってる。
もしくは同等だと思ってる。

・困惑する
あまり知らない人
「今日は機嫌悪いのかなぁ」と思って後日同じことしてみる
もしくは違う形でアプローチしてみる。

・ショックをうける
大好きな相手。無視されるわけがない自身がある時。

・関心なし
嫌いな相手。無視されたらされたで他の人に相手してもらおう
と思う。


こんな感じじゃないですか?

違う人もいるかもしれませんが無視をされても自分の感情の変化って

相手が変われば違うんですよね。

なので関係性が崩れている場合は無視の効果は出にくいことが多いです。

群れという宝物

ブログで何度か書いていますが犬は「群れ」が最優先です。

飼い主に好かれたいのも群れにいたいからです。

そもそも犬は褒められても叱られても何も感じません。

褒める・叱る

の効果が出るのは「群れ」であるのを理解したうえであなたがその「群れ」で

ある程度の地位がある場合です。

他の家族みんなに馬鹿にされていると犬もなびきません。

世知辛い世の中です。

なので犬が最上位の場合は何をしても無意味です。

自分が群れの長である限り自分が群れから除外されることは無いと思ってるからです。

その関係性をひっくり返すために家族みんなで無視をしましょうというしつけ方法があるのですね。

ですが自分がボスだと思い込んでいるうちは中々強情です。

無視するのは難しい

みなさんは

無視をするっていうのがどれくらいのレベルの事を言っていると思いますか?

まず一緒の空間に居ればもう無視ではありません。

違う部屋に置き去りにして辛うじて無視できてるかなぁ・・・です。

構うのはごはんや排泄などの最低限のお世話のみです。

大昔ドイツでは洞穴を掘ってその中に仔犬を入れ関係性を断ち切ることで

人への興奮性を高めるという訓練法がありました。

デメリットが多すぎる上に家庭犬にそんなことしたらやばい犬が出来上がるので

今はもうやられていません。

ですがそのくらいのレベルでやっと無視と言えるのです。



一般家庭ではまぁ当然無理でしょう。

洞穴を掘る土地も労力もないですし。

なので無視で問題行動を直すというのは私はお勧めしません。

大変でも人からアプローチをかけて問題行動を改善した方が

後々に何十倍も良い関係が作れるからです。

ですが無視にも色々あります。

先ほど無視はおススメしないと書きましたが無視をおススメすることが多いです。

文章が訳が分からなくなっていますが関係性をリセットする無視は自分自身でやる以外はほとんどしません。

ですが飼い主さんに無視をおススメしています。

無視で起るものは何も関係性の改善だけではないからです。

この続きはまた次回。

お楽しみに!

良いと思ったら是非クリックしてください!



にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る