しつけで大切なあきらめるという心 - 川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール
2016年04月18日 [トレーニング]

しつけで大切なあきらめるという心

とても大切

こんばんわ!犬竹-kentiku-坂本です。

前回の続きです。

まだお読み頂いていないならば

こちらからお読みいただくのをお勧めします!

とりあえず落ち着こう

関係性が出来ていない場合無視をしても効果は望めません。

なので関係性を築きなおしてから行うのがベストなのですが

それが簡単にできればしつけは苦戦しませんし

家庭犬トレーナーは失業します。

関係性を理想的な形にもって行くために

これをしたらいい。

というものはありません。

暮らしていく中でそういうものは芽生えてくるので

飼われている犬種がどういう特徴があるのか?

自分の愛犬の性格を把握して接していきましょう。

犬との暮らしがしつけそのもの



無視は効果が無いのになぜ私が飼い主さんに無視をおススメするのか?

ですが、タイトルにもあるように「あきらめる」という心を養う為です。

無視は罰になりえません。

特に問題行動に困っている家庭ならなおさらです。

なので無視を罰としてとらえるのではなく

こういう行動をすると人は動かかなくなる。

という学習をさせます。

厳密に言えばこれも罰の一種ですが多くの飼い主さん達がイメージしている罰とは

違うものかもしれません。

犬の学習は刺激を受けて刺激を発しそれを繰り返していく中で学習していくのが

一般です。

慌てればそれも犬からしてみれば立派な刺激です。

怒っても同じです。

前回の記事で説明したように怒っても関係性によっては全く効果が無いです。

なので何もしないという刺激を与えて様子をみるということです。

このときにお互いが「落ち着く」ことがとても重要です。

犬と同じレベルで言い合いをすればそれは自分で

「あなたと私は同じ立場ですよー同レベルですよーだから頑張れば勝てるかもしれませんねー」

と言っているようなのものです。

喧嘩するほど仲が良いとはいいますが・・・

例えば災害がおきてその起こしている元凶が「口喧嘩」出来るなら

災害の恐ろしさも半減します。

ですが実際、災害に文句を言ってもどうしようもないですし

今のところ完全に防ぐことはできませんね。

なので恐ろしいのです。

同じ土俵でたってくれるから抵抗できるのです。

抵抗されないようにするならば何をしても無駄なのだという

事を理解させましょう。

何もしないという刺激

犬に対してなにかをする場合

ほとんどの方が犬に対してアプローチをかけようとします。

勿論試行錯誤しながら犬との関係性を築いていくということは

素晴らしいことだと思います。

しかし中には何もしない方が心を開いてくれるのが早かったりします。

テコでも動かない厄介な犬がいるならこの「何もしない」

というのを思い出してください。

人の反応が薄くなれば犬も生き物で団体で生きる生き物です。

何かしらの変化が現れるかもしれませんね。

リラックスポジションの罠

仔犬のうちにやっておきたいトレーニングで「リラックスポジション」というものがあります。
(協会や団体で違う名称になる事もあります)

犬を仰向けにして膝や床においていろんなところを触るトレーニングです。

お腹は急所なので犬は見せるのを嫌がります。

ですが体で触れないところがあると支障がでます。

なのでまだ抵抗の少ない小さいうちから体に触られるのに慣れておくと良いです。

特に最近人気犬種1位になった柴犬には必須のトレーニングです。

このリラックスポジションですが暴れなければおやつを与えて褒めるという

手順をとりますが、これで効果が出るのは「嫌なイメージ」が付いていないときです。

「嫌なイメージ」がすでについていて、お腹を触られると逃げたり

足を触ると振りほどこうとするならば、おやつではなく「あきらめる」気持ちを

付けた方が将来的には良いです。

吠えが大変な犬種

昔トレーニングしたビーグルは足の爪を切ろうとすると咬みついてくるので

全身麻酔で毎回爪を切っている子がいました。

麻酔は危険なもので特に全身麻酔は若いうちでもかけると

二度と目覚めない可能性があります

結構嫌がる獣医さんも多いです。

それに全身麻酔はお値段も高くこのビーグルは爪切りのたびに

1万円かけていました。

このビーグルには「あきらめる」「仕方ない」という心を学習させて

現在は、飼い主さんでも切れるので0円になった上に命をかける

リスクも減りました。

(この子のように咬んでくる子は口輪を推奨します)

おやつで慣らしてしまえばこの心をはぐくむという段階が無駄になります。

トレーニング・しつけとは行動を矯正するのではなく

心を変えていくものです。

心の変化なくしてしつけとは言えません。

おやつでやるメリットと意味を理解して適切なトレーニングを

行えるようにしましょう。

今回は以上です。

次回は具体的にどうやって「あきらめる心」をつけていくかです。

また次回をお楽しみに!

良いと思ったら是非クリックしてください!



にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る