ドッグトレーナーの仕事|川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール

ドッグトレーナーの仕事

今ではワンちゃんなどのペットは家族の一員として愛される存在です。大切なペットの命を守るためにはしつけが重要となります。しつけはワンちゃんを良い子にするためではなく、「危険を回避する=命を守る」ためにするものです。そのため、犬のしつけを行うドッグトレーナーの活躍の場は広がっています。ドッグトレーナーの仕事について迫ってみましょう。

2つの役割があるドッグトレーナー

2つの役割があるドッグトレーナー

» 家庭犬をトレーニング

家庭犬のトレーニングを行うドッグトレーナーは、「家庭犬訓練士」とも呼ばれます。ドッグトレーナーはワンちゃんに対して、トイレ・散歩・留守番などのマナーを教えていきます。ドッグトレーナーは幼少期のワンちゃんから成長期を迎えたワンちゃんまで、飼い主と一緒にトラブルなく生活できるようしつけを行います。

また、お預かりしてしつけを行ったり、自宅に訪問してしつけを行ったりします。飼い主様から問題行動などをお伺いし、ワンちゃんの気持ちや体力に配慮しながら、トレーニングを進めていきます。

» 使役犬をトレーニング

警察犬や盲導犬など使役犬のトレーニングを行うドッグトレーナーは、「警察犬訓練士」や「補助犬訓練士」などと呼ばれます。ワンちゃんの特性と長所を最大限に伸ばしてあげ、それぞれの仕事ができるように訓練をしていきます。人の生活や命に関わる仕事や緊急を要する仕事ですので、訓練士の仕事は非常に責任が重くなります。

警察犬は約18ヶ月に及ぶトレーニングの後に、上級検定に合格すると警察犬になります。補助犬は約1年に及ぶトレーニングの後に、補助犬になることができます。つまり、訓練士はこの期間二人三脚で試験通過に向けてトレーニングに取り組みます。

飼い主様へのしつけの指導も仕事の1つ

飼い主様へのしつけの指導も仕事の1つ

ドッグトレーナーの仕事は、ワンちゃんだけでなく、飼い主様へのしつけの指導も行います。いくらドッグトレーナーがしつけを行っても、その後は飼い主様とワンちゃんの関係が上手くいかなければ、本当の意味でしつけは身につかなくなってしまいます。

ドッグトレーナーはワンちゃんのしつけを行い、飼い主様が上手にワンちゃんをしつけることができるよう指導するという大事な役割を担っています。

犬竹-kentiku-は川崎にありドッグトレーニングを行っています。愛犬のトイレや噛み癖吠え癖などでお悩みの方は、是非犬竹-kentiku-のドッグトレーニングをご体験ください。ワンちゃんの悪いクセが直り、言うことをよく聞いてくれるようになります。ドッグトレーニングは無理のない価格設定にしております。出張も行っていますので、遠方の方もお気軽にご利用いただけます。

このページの先頭に戻る