保育園の特徴|川崎で犬のしつけ相談・トレーニングなら犬竹-kentiku-にお任せください

犬竹-kentiku-
愛犬のしつけ・相談が出来るドッグトレーニングスクール

犬の保育園とは?


ワンちゃんと飼主様が楽しく幸せに暮らせるように、社会性と適応力を身につけていく事を専門的に行うしつけ教室

・必要以上に警戒してしまう
・飼い主を噛む
・家族以外と仲良くできない
・大人しく待てない
・自分の名前を理解してない
・自転車やバイクを追いかけてしまう

等など
様々な悩みの相談を受けていて日本では今流行りのスタイル。
まだ地方には少ないが都心や神奈川の一部では年々その数が多くなっている。

簡単に言えば訓練所をもう少し一般向けにした形であるとも言える。
預かりがメインだと考えている日本人には楽で好まれる傾向にある。

犬の保育園
仔犬 社会化
犬のしつけ教室

メリット

最初に注意しておきたいのが保育園は犬が人間社会にうまく順応するのを助けるしつけ教室の体系だということです。

仔犬など比較的若い犬に社会性を学ばせるには最良の施設で仔犬の場合「他の犬と仲良くしてほしい」「知らない人とも仲良くしてもらいたい」など家族以外の何かと接触する場合に問題なく成長してもらいたいならばこの対応のしつけ教室が良と思われます。

大体社会化期が終わる9カ月〜1歳までは通わせておくと家族以外の刺激になれる傾向があるのでそれくらいの期間を目安に考えておくと良いでしょう。

また、お家でのお留守番が多い場合や自分ではかまってあげられる日が少ないなど「現代社会で起きやすい飼育上の難点を補う」事に特化しています。

デメリット

根本的に経営感覚からして言えば「ビギナーでも通いやすい雰囲気」を目指してる所が圧倒的に多く若い子や雰囲気の柔らかい人が好まれる傾向にあります。

そのため、専門卒業間もない半分学生のようなトレーナーやその保育園が経営しているトレーナー育成教室から素人と変わらないスタッフを担当にされる危険も非常に高い事も頭に入れておきましょう

先輩スタッフがついていても全てをサポートするのは時間的に不可能のため問題行動が改善されるどころか悪化する可能性もありえます。

また、飼い主が直接行う訳でなく預けてトレーナーがトレーニングするため「噛み癖が良くならない」「吠えが止まらない」「人を引きづって歩く」など困った問題行動は治らない事が多く、飼い主も学んでこその問題改善だという事を忘れないようにしましょう。

このページの先頭に戻る